2019/01/01

重ね地図で愉しむ大阪高低差の秘密

 【書 名】重ね地図で愉しむ大阪高低差の秘密
 【著 者】梅林秀行
 【発行所】宝島社新書
 【発行日】2018/12/24
 【ISBN 】978-4-8002-8866-0
 【価 格】1,100円

■キタ、ミナミの由来
大阪は梅田付近をキタ、難波あたりをミナミといいますが、もともとは組の名前。大坂三郷で大阪以北を天満組、大川から本町までを北組、本町以南を南組としました。これが由来となります。

■山崎の鼻
中之島の東端は天神橋筋付近ですが江戸時代は中央公会堂当たりです。備中成羽藩の山崎氏の蔵屋敷があったため山崎の鼻と呼ばれています。

■公儀橋
幕府が作った橋はわずか12で、他は淀屋が作った淀屋橋など民間で約200ほどありました。公儀橋は高麗橋、本町橋、農人橋があり欄干に擬宝珠をつけることができました。天満橋は天正14年(1586年)以前に掛けられていたことがルイスフロイスの記録に残っています。

■空堀
総構の後といは一概に言えず、大坂冬の陣の和睦の条件で総構は埋められてしまいました。大坂の復興をまかされた家康の孫である松平忠明は寺島藤右衛門に命じて、このあたりを瓦の製造拠点にしたようです。土取場として削られていくことになります。その名残として瓦屋町という地名が残っています。この瓦職人がついでに素焼きの土人形を焼いたことから人形のまっちゃまちができることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/16

大阪的

 【書 名】大阪的
 【著 者】井上章一
 【発行所】幻冬舎新書
 【発行日】2018/11/30
 【ISBN 】978-4-344-98522-3
 【価 格】800円

大阪といえば、おもろいおばちゃんが出てきて、知り合いとの話の最後にオチをつけるというイメージが先行しますが、もともとは「まいどワイド30分」というテレビ大阪の番組で商店街などで買物に来ていたおばちゃんたちにインタビューしたことがきっかけ。面白いおばちゃん達だけを編集して放映したので、大阪のおばちゃんは面白いというイメージが定着したようです。

食い倒れも本来の意味は食道楽がいきすぎて破産することです。コナモンのメッカと言われる大阪ですが船場の旦那衆をうならせるグルメの街という側面はあまり取り上げられずタコ焼きばかりとなってしまいました。

明治維新を推し進めるにはお金が必要ですが供給したのは大阪商人です。イメージ先行の大阪ですが本来の大阪はどんな街だったのかを解き明かしてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/27

地図と地形で楽しむ大阪淀川歴史散歩

 【書 名】地図と地形で楽しむ大阪淀川歴史散歩
 【著 者】都市研究会
 【発行所】洋泉社
 【発行日】2018/10/19
 【ISBN 】978-4-8003-1539-7
 【価 格】950円

淀川水系をテーマとした一冊です。仁徳天皇が手掛けた大治水工事の一つが茨田堤で淀川沿いに堤防を築きました。堤根神社の土塁がこの時の名残と伝わっています。もう一つの工事が難波の堀江で現在の大川ではないかと言われていますが長堀川という説もあります。古代から治水には苦労した暴れ川でした。

奈良時代には瀬戸内海への水運を確保するために淀川から安威川へ抜ける運河が作られます。神崎川ですが現在の流路と違って摂津の江口から分かれていました。造ったのは和気清麻呂です。

豊臣秀吉が行った治水工事が文禄堤で京阪・守口市駅近くに700メートルほど残っています。工事をしたのは毛利一族で枚方から大阪まで27kmにわたる大工事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/02

大阪高低差地形散歩広域編

 【書 名】大阪高低差地形散歩広域編
 【著 者】新之介
 【発行所】洋泉社
 【発行日】2017/09/19
 【ISBN 】978-4-8003-1289-1
 【価 格】2,200円

紹介されているのは豊中、箕面、茨木、交野、古市、二上山、神崎川・守口、尼崎、枚方、高槻・富田、大山崎、池田、岸和田・貝塚、富田林が紹介されています。

古代、京都や奈良は古大阪湾とつながっていましたが生駒山地、六甲山地の隆起により古京都湾、古奈良湾は消滅していきます。

■花園
大和川の付け替えが行われましたが河内花園駅近くまで流れてきた玉櫛川がこのあたりで吉田川と菱江川に大きく分かれていました。この吉田川の痕跡が花園商店街のカーブとして残っていて、そのままラグビー場の方につながっているそうです。

■尼崎
弥生時代の海岸線は現在のはるか北でJR東海道線の北にありました。名神高速の南側が微高地になっていて、ここが当時の砂州跡。尾浜という地名も残っています。尼崎には時代によって三列の砂州列があり2つ目の列には難波熊野神社、熊野八幡神社などが砂州列沿いに並びます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/16

阪堺電車 177号の追憶

 【書 名】阪堺電車 177号の追憶
 【著 者】山本 巧次
 【発行所】ハヤカワ文庫
 【発行日】2017/09/20
 【ISBN 】978-4-15-031296-1
 【価 格】640円

大阪と堺を結ぶ路面電車をテーマに昭和8年から平成29年までの物語がつづられていますが、これが物語通しがうまくつながって、しかも毎回ちょっとした、どんでん返しがあって楽しめる一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/12

さいごの色街 飛田

 【書 名】さいごの色街 飛田
 【著 者】井上理津子
 【発行所】新潮文庫
 【発行日】2015/02/01
 【ISBN 】978-4-10-126391-5
 【価 格】710円

天王寺の近くに鯛よし百番という料亭です。料亭といいながらリーズナブルな料金で利用できますが、驚くのが大正建築美術の豪華絢爛な装飾の数々。2000年に国の登録有形文化財になっていますが、もともとは遊郭です。鯛よし百番近くに拡がるのが飛田という色街。こんなところが日本にあるんだとカルチャーショック受ける町でもありますが、中はどうなっているのか等、分からないことばかり。12年の取材、しかも女性が書いたルポルタージュです。良い悪いではなく現実の飛田が書かれています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/27

関西人の正体

 【書 名】関西人の正体
 【著 者】井上 章一
 【発行所】朝日文庫
 【発行日】2016/7/30
 【ISBN 】978-4-02-261865-8
 【価 格】640円

ベストセラー「京都ぎらい」の著者ですが、書き出しの1行目に「私は、京都に生まれ、京都に育った。今も京都に住んでいる。」と書いてあります。著者もあとがきに書いていますが21世紀のはじめ頃までは京都人と自覚していたようです。おもしろい関西人論で、嵯峨や宇治は京都人じゃないと言われる「京都ぎらい」につながる話も掲載されています。

■風俗発祥の地「大阪」
大阪と言うと猥雑なイメージですが、日本最初のノーパン喫茶は京都生まれです。上賀茂にジャーニーという名前の喫茶店ができ、学生の間で有名になりました。著者もけっこう行っていたようで、やがて全国に同じようなモデルの店ができていきます。今やそんな歴史は忘れ去れ助平というと大阪が通り相場で、ノーパン喫茶も大阪発祥と思われています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/24

とっぴんぱらりの風太郎(下)

 【書 名】とっぴんぱらりの風太郎(下)
 【著 者】万城目学
 【発行所】文春文庫
 【発行日】2016/09/10
 【ISBN 】978-4-16-790690-0
 【価 格】690円

いよいよ大坂城・夏の陣をむかえ、豊臣家の最後に巻き込まれる風太郎ですが、壮絶なラストシーンへと続きます。大坂の陣をテーマにしているので「プリンセス・トヨトミ」につながるのかなと思ったのですが、そちらの複線はありませんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/22

とっぴんぱらりの風太郎(上)

 【書 名】とっぴんぱらりの風太郎(上)
 【著 者】万城目学
 【発行所】文春文庫
 【発行日】2016/09/10
 【ISBN 】978-4-16-790689-4
 【価 格】720円

伊賀忍者ながら建設中の伊賀上野城を傷つけたために藤堂高虎の逆鱗に触れてお役御免のニート状態に。紆余曲折があり大坂の陣に巻き込まれていますが、戦場となった村や真田丸攻めでの悲惨な状況なども的確に表現されていて、なかなか面白い作品です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/11

大阪を古地図で歩く本

 【書 名】大阪を古地図で歩く本
 【著 者】ロム・インターナショナル
 【発行所】KAWADE夢文庫
 【発行日】2016/03/01
 【ISBN 】978-4-309-49938-3
 【価 格】680円

■道修町
薬の町である道修町ですが、もともとは徳川吉宗にちなみます。大阪を訪れた吉宗が病気になった時に服用したのが道修町の薬。そこで道修町にあった124軒の薬問屋を株仲間として特別な免許を与えたことから全国に知られるようになりました。

■土佐藩邸
各藩の藩邸は米をさばくため堂島や中之島に多くありましたが、土佐藩邸だけは離れた立売堀にありました。大坂の陣で壊滅状態になった大坂の復興で材木が必要になります。土佐藩は土佐の材木をせっせと大坂へ送ります。当時、材木市場があったのが立売堀だったため、土佐藩邸も立売堀にありました。材木市場のセリは土佐藩の材木からはじめるのが慣例になったそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)