2017/06/23

戦国の城攻め

 【書 名】戦国の城攻め
 【著 者】渡邊 大門
 【発行所】光文社知恵の森文庫
 【発行日】2017/06/20
 【ISBN 】978-4-334-78722-6
 【価 格】680円

毛利氏による吉田郡山城の戦い、川越夜戦で有名な河越城の戦い、大友一族の内紛である大友二階崩れの変、尼子氏による第二次月山富田城の戦い、足利義昭を擁した織田信長と六角氏との観音寺城の戦い、浅井氏の小谷城の戦い、武田・徳川の境目の城である高天神城の戦い、松永久秀の信貴山城の戦い、荒木村重の有岡城の戦い、尼子・山中鹿介による上月城の戦い、波多野氏の裏切りによる、八上城の戦い、別所氏と戦った三木城の戦い、宇野氏と秀吉の戦いである長水城の戦い。

徹底した封鎖による鳥取城の戦い、水攻めで有名な備中高松城の戦い、上杉景勝を追い詰めた魚津城の戦い、長宗我部と三好との十河城の戦い、紀州で行われた水攻めである紀伊太田城の水攻め、のぼうの城で有名な忍城の戦い、関ヶ原の前哨戦となった岐阜城の戦い、立花宗茂らを釘付けにした大津城の戦い、直江兼続の長谷堂城の戦い、関ヶ原のもう一つの前哨戦である安濃津城の戦い、真田と徳川の戦いである上田城の戦い、大河ドラマで有名となった真田丸の攻防といった25の戦いが紹介されています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/18

戦国武将の辞世

 【書 名】戦国武将の辞世
 【著 者】加藤 廣
 【発行所】朝日新書
 【発行日】2017/05/30
 【ISBN 】978-4-02-273718-2
 【価 格】760円

副題が「遺言に秘められた真実」となっています。

面白かったのが宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った巌流島の戦い。小次郎の長刀よりも長い木刀を舟の櫂から作りリーチの差をいかしました。また細川藩は佐々木小次郎と弟子たちを一網打尽にしたかったようで、理由はキリシタンだったからだそうです。忠臣蔵についても面白いことが書かれていて討ち入りで実際に戦闘に参加した吉良側は15人ほど。小競り合いのようなものだったのが実際の話のようです。「覚悟した ほどにはぬれぬ 時雨かな」という、”なんだ~あ”という大石内蔵助の言葉が残っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今川氏研究の最前線

 【書 名】今川氏研究の最前線
 【著 者】日本史史料研究会
 【発行所】洋泉社歴史新書
 【発行日】2017/06/19
 【ISBN 】978-4-8003-1263-1
 【価 格】980円

信長、秀吉、家康に続き最新の研究をもとに今川氏の実像について書かれています。

■甲駿相三国同盟
甲斐の武田信玄、相模の北条氏康、駿府の今川義元との間で結んだ同盟です。今川はこれで東側を気にせず西への侵攻をはじめますが、桶狭間の合戦で今川義元が敗死すると武田信玄は同盟を破って駿府に攻め込んでくることになります。

桶狭間の合戦では合戦前に武田信玄が織田信長と友好関係を結んでおり、今川家を継いだ今川氏真は武田信玄を疑っていたようです。また家康が岡崎城に戻りますが、最初は今川氏真の命令で終わりとの境をおさえるためだったようです。織田信秀の時代に今川は織田と手を結んでいた時代もあり、状況変化によってあっちへついたり、こっちへついたりということが、当たり前のように行われていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/27

真説 戦国武将の素顔

 【書 名】真説 戦国武将の素顔
 【著 者】本郷 和人
 【発行所】宝島社新書
 【発行日】2017/05/24
 【ISBN 】978-4-8002-6768-9
 【価 格】1500円

天下人である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。戦国武将からは武田信玄、上杉謙信、毛利元就、石田三成、明智光秀、今川義元、島津四兄弟、伊達正宗。番外編で淀君が紹介されています。皆、一筋縄ではいかない人物ばかりで良い面もあれば悪い面もあり素顔が紹介されています。

浅井長政、明智光秀ともども信長を裏切りますが、浅井も朝倉とそれほど仲がよいわけではなく、裏切りの最大の理由は信長がスキを見せた点。これならいけると思ったからでしょう。

毛利元就は息子を小早川や吉川へ送り込んで乗っ取るM&A型です。アメリカの東海岸側に多いタイプですが、西海岸側は秀吉のベンチャー企業で家来に夢をみさせるチーム型。

伊達正宗と秀吉の取次ぎになったのが浅野長政。秀吉に伊達正宗が叱責された時に、いろいろアドバイスしたのですが、伊達正宗はダダをこね絶交状を送ります。これがため江戸時代を通じ、両家とも仲が悪かったそうです。両家の分家で起きたのが忠臣蔵事件になります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/18

国衆の戦国史

 【書 名】国衆の戦国史
 【著 者】鈴木 将典
 【発行所】洋泉社
 【発行日】2017/04/19
 【ISBN 】978-4-8003-1218-1
 【価 格】950円

副題が「遠江の百年戦争と地域領主の興亡」となっています。今川、武田、徳川の境目となった遠江で、井伊など国衆がいかに家を存続させるか奔走した物語で最新の研究を元にしています。

■北条早雲の伊勢攻めは幕府の命令
今川家の家中が分かれていましたが龍王丸の叔父である北条早雲が龍王丸を今川家の当主とし、これが今川氏親となります。北条早雲は伊豆へ攻め込んで後北条氏の祖となりますが、幕府の命令だったようです。堀越公方の家督争いで、結果的に京都の新将軍となる足利義高の母と弟を殺したことが背景です。

■国衆の消滅
先祖伝来の土地を安堵してもらい守った国衆ですが豊臣政権となると大名に従属する家臣の生き方しか残っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/11

山城の不思議と謎

 【書 名】山城の不思議と謎
 【著 者】今泉慎一
 【発行所】じっぴコンパクト新書
 【発行日】2017/03/07
 【ISBN 】978-4-408-00897-4
 【価 格】850円

山城に関する基礎知識のあと、全国の山城がエピソードとともに紹介されています。また各城には縄張図もついています。井伊直虎で有名な井伊谷では井伊谷城のほかに最後の砦となる三笠城や街道を守る井平城が紹介されています。また武田勝頼が逃げ込もうと思ったのに家臣の小山田信茂に裏切られて入ることができなかった岩殿城。岩山にとりつくような登城道を登るしかなく、確かに難攻不落の城でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/19

織田信長の家臣団

 【書 名】織田信長の家臣団
 【著 者】和田 裕弘
 【発行所】中公新書
 【発行日】2017/02/25
 【ISBN 】978-4-12-102421-3
 【価 格】900円

織田信長の古参家臣だった佐久間信盛が本願寺攻めの不手際などでリストラされましたが、原因は信長一族と婚姻などの人脈を築いていなかったことがあるようです。織田信長といえば柴田勝家、滝川一益、羽柴秀吉、明智光秀などの方面軍が有名ですが、配下の武将との関係などを丁寧に検証しており、巻末には人名による索引までついています。

織田信長が家督を継いだころ、弟の信勝と領地や家臣が二分された状態で、自らの力で統一していくことになりカリスマ性を身につけます。他の戦国大名が有力家老に頭があがらない状況と違い自分で決めることができました。桶狭間の合戦でも家臣から裏切りを出すことなく乗り切れました。明智光秀は自分の名誉のために本能寺の変を起こしましたが、家臣団に尾張勢がほとんどいなく情報統制ができたところも大きかったようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

謀略!大坂城

 【書 名】謀略!大坂城
 【著 者】加来耕三
 【発行所】さくら舎
 【発行日】2017/1/15
 【ISBN 】978-4-86581-086-8
 【価 格】1,600円

西軍側で大津城攻めをしていた立花宗茂が関ヶ原の合戦の結果を聞き、大坂城の総大将である毛利輝元に籠城策を献策します。もし毛利輝元が籠城して家康と戦えば、徳川幕府はまず成立しなかったでしょう。加藤清正、福島正則はおそらく秀頼側につきますので、東軍は空中分解してしまい家康は秀頼に戦勝報告をして、豊臣政権が続いたはずです。

また家康は常真(織田信雄)、有楽(織田長益)を秀吉が生かしていたように、最初は秀頼を同じように扱うことを考えていましたが、あまりに楽観的に考える豊臣側の間違った戦略選択もあり、大坂の陣で豊臣は滅んでしましました。最新の説などを導入し、大坂の陣を解き明かしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/04

応仁の乱

 【書 名】応仁の乱
 【著 者】呉座 勇一
 【発行所】中公新書
 【発行日】2016/10/25
 【ISBN 】978-4-12-102401-5
 【価 格】900円

足利義政が弟の義視に後継者にしたところ、日野富子が子供(義尚)を生んだことで後継者争いに発展。それぞれ細川勝元と山名宗全がくっついて、応仁の乱が勃発したというのが一般的なイメージなんですが、そんな単純な話ではなく、実態はめちゃくちゃ複雑でした。興福寺の僧である経覚と尋尊が奈良を中心に応仁の乱について日記を記載しており、これをもとに解き明かしています。巻末には人名の索引がついており、応仁の乱を理解するには最適な一冊になっています。

守護は在京し、守護代が任地に赴任していましたが明応の変で、この在京制度が成り立たなくなり、守護が任地に行き、こころから戦国大名になっていきます。越前の守護は斯波氏でしたが、守護代の朝倉がのっとってしまいます。仕方ないので、斯波氏はもう一つの任地である尾張に下りますが、やがて織田によってとってかわられます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/23

境界大名16家

 【書 名】境界大名16家
 【著 者】榎本 秋
 【発行所】洋泉社
 【発行日】2017/01/26
 【ISBN 】978-4-8003-1137-5
 【価 格】900円

大河ドラマ「井伊直虎」では三河の徳川と遠州の今川に挟まれた境で懸命に生き残る井伊の姿が描かれています。戦国時代はあちこちで同じことが行われていました。勝ち残る方につかなければ家が滅んでしまいます。特に境界に位置する武将にとっては死活問題でした。なんとか生き残り大名となった16家を紹介しています。

紹介されているのは井伊、亀井、諏訪、真田、相馬、相良、水の、奥平、有馬、大村、遠山、小笠原、伊東、宋、松浦、柳生の16家。小笠原氏は信濃守護でしたが武田信玄の進攻によって信濃を追われます。同族が三好氏だったことから三好長慶の芥川城などにも滞在しています。小笠原流というと礼法のイメージがありますが、江戸時代は礼法を教えることが禁じられていたそうで、民間の浪人によって礼法小笠原流は広まったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧