2024/04/12

新・世界から戦争がなくならない本当の理由

 【書 名】新・世界から戦争がなくならない本当の理由
 【著 者】池上彰
 【発行所】祥伝社新書
 【発行日】2024/03/10
 【ISBN 】978-4-396-11697-2
 【価 格】1070円

■ハマス
ハラカト・アル=ムカ@ワマ・アル=イスラーミーヤ(アラビア語)イスラム抵抗運動の頭文字がハマース

■アフガニスタン
シャーロックホームズがワトソンと初めて会った時に「君はアフリカ帰りだね」と言い当てます。イギリスがロシアと争っていた問にアフガニスタン戦争もその一環でイギリス軍は散々な目にあいます。

■東京裁判
A級先般のA級はA項目という意味で「平和に対する罪」でした。しかも事後法でしたので後から使った法律を過去の経緯に適用しました。

■鬼畜米英
2001年の同時多発テロでテヘラン在住の日本人がイラン人に「おめでとう」と声を掛けられたそうです。アメリカにひどい目にあわされた日本人はイラン人とアメリカに対して同じ気持ちだろうと思われていました。

■日米安全保障条約
アメリカ軍は日本に基地をおいても日本を守る義務がありませんでした。岸信介がこの不平等を是正しましたが強行採決をしてしまったために安保反対になりました。内容ではなくやり方に皆が怒りました。

■普天間基地
嘉手納基地と統合の話もありますが、本音は仲の悪い空軍と海兵隊が基地を共有できないという本音があります。

■アメリカ軍
日本海軍は艦長が決まっています。アメリカ軍は一定の期間ごとに乗組員が入れ替わる制度で同じ艦艇を複数の部隊で交代します。休暇もとることができます。またアメリカ軍が秘密兵器を配置するということで調べるとアイスクリーム製造機でした。また近接信管も開発し、命中しなくても近づいたことを確認したら爆発します。これで技量に頼らずに命中率をあげられました。

■キューバ危機
海上封鎖した時に米軍がロシア軍の潜水艦に爆雷を落としました。核兵器を搭載した潜水艦で爆雷の音に核戦争が始まったと潜水艦では感じていたそうです。核ミサイルの発射ボタンを押すかどうか考えた時に参謀が早まるなと声をかけ核戦争は回避されました。

■湾岸戦争
ピンポイント爆撃の映像がテレビで流れますが、「米軍のミサイルは本当にピンポイントで命中するんですか」という質問に「当たり前です。命中した映像しか公開しませんから」情報操作になります。

→ 新・世界から戦争がなくならない本当の理由

| | コメント (0)

2023/07/01

この国は歪んだニュースに溢れている

 【書 名】この国は歪んだニュースに溢れている
 【著 者】辛坊治郎
 【発行所】PHPエディターズ・グループ
 【発行日】2023/01/10
 【ISBN 】978-4-569-85394-9
 【価 格】1200円


■大阪市の最高位が港湾局長
歴代は京大の土木工学科出身者が多く、市長よりも権限が強いといわれていました。大阪市の大規模公共事業を一手に引き受けるポジションでした。3セクで出発したUSJも初代社長は元大阪市港湾局長でしたが、そんなことをしているから倒産状態となり、外資系のゴールドマン・サックスが買取、ヘッドハンディングした森岡毅氏が立て直します。


■維新のスタート
大阪の自民党府議団が大阪府庁移転問題で真っ二つに分かれ、2004年の知事選で中央の自民本部の決定に異を唱えたグループが府庁舎移転を掲げて分離します。これが維新の母体となります。自民に残った、維新に入れてもらえなかった自民党地方議員は維新を目の敵にするようになります。


■視聴率 レグザデータ
アマゾンプライム、ネットフリックスの視聴データがレグザ(95% ハイセンス、5% 東芝)の子会社に送られており、247万台の視聴率が分かります。ビデオリサーチは2700世帯(関西は1200世帯)だけなので、レグザは全件調査になります。電通の子会社がビデオリサーチ社でレグザのデータを使ってCM枠などの営業を行っています。

| | コメント (0)

2023/06/24

知らないとヤバい民主主義の歴史

 【書 名】知らないとヤバい民主主義の歴史
 【著 者】宇山卓栄
 【発行所】PHP文庫
 【発行日】2023/06/15
 【ISBN 】978-4-569-90321-7
 【価 格】860円


■民主主義
憲法によって権力の分散でルール化
憲法(constitution)-con(一緒に)+stitutus(作る)国民が国家を一緒に作ることを約束した証文


ブルジョアードイツ語のブルク(burg 都市・城)に由来し、城壁内にマーケットが開かれマーケットに関わった商工業者をブルガーと呼びました。フランス語でブルジョアとなりました。


私有財産権が保障され貯蓄が促進され投資などの金融メカニズムが機能
所有権がないと新たな隷属を生み出す。独立した個人の主権の上に成立するのが民主主義


■ヒトラー
大衆は弱者に従っていくよりも、強者に引っ張ってもらうことを望む。大衆とはそのように怠惰で無責任な存在である


■マルティン・ニーメラー(ドイツ人の牧師)
ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから
社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義者ではなかったから
彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったから
そして、彼らが私を攻撃したとき、私のために声をあげる者は 誰一人残っていなかった


■官僚制
中国で科挙の制度を導入し、官僚制がスタート。背景には紙の発明があり、地域の詳細な情報が紙で伝達できるようになったため中央集権の政治を実現できる


パーキンソンの法則
第一の法則 仕事の量は、完成のために与えられた時間を全て満たすまで膨張する
第二の法則 支出の額は、収入の額に達するまで膨張する


議会制民主主義ー為政者は議会 君主の存在を認め、条件付きで認める場合は立憲君主制
共和制民主主義-為政者は元首

| | コメント (0)

2023/04/08

官邸官僚が本音で語る権力の使い方

 【書 名】官邸官僚が本音で語る権力の使い方
 【著 者】兼原信克、佐々木豊成、曽我豪、髙見澤將林
 【発行所】新潮新書
 【発行日】2023/03/20
 【ISBN 】978-4-10-610989-8
 【価 格】860円


■総理の評価
みんなが忘れて50年後に学者が本を書き始めた頃に決まる。批判を受けても信じるところを貫くのが総理。


■震災復興
東京の官邸、県庁、市役所では体感が違い、熊本地震では屋内避難の指示で、かなりもめることに官邸で切り替えて熊本の出向経験があって人脈と土地勘をもつ官僚を現地に派遣してサポート。
国民は権力に介入されることをいやがるが、有事には権力にすがるのが常。その時にしっかりしていないと「ダメおやじ」と認定されて権力は維持できなくなる。


警察、自衛隊、消防署、海保などは武勲争いがあり、一番槍争いでもめることがありイスラエルでは最初に現場に着いたところが指揮をとると決めています。


■厚生労働省
民主党政権時代に新型インフルエンザのワクチン問題で若い技官が逮捕された時、政治家も高級官僚も誰も責任をとらなかったため、言うことをきかない組織へとなった。薬事系の部署は150%安全でないと薬を許可しないことになる。


■通商交渉
ホテルの料金が高いので日本の交渉団は郊外の安いホテルに泊まったため、正式な会議後に幹部の部屋やレストランで行われるオフ会に参加できず孤立することがあった。今は財務大臣の承認を得てホテル負けしないようになっています。また省ごとにいうことが違ってバラバラだったところを各個撃破されたところを指揮命令系統を一本化します。成果がでたのがTPPでオバマ政権が放りだしたのを、まとめあげました。メガ自由貿易協定4つのうちの3つが日本絡みになっている。


■インテリジェンス
トップはスパイマスターと呼ばれ高位で元首に近いが日本は「お庭番」で座敷にあがれない仕事からスタート。

| | コメント (0)

2023/01/04

商社マン、エルサルバドル大使になる

 【書 名】商社マン、エルサルバドル大使になる
 【著 者】樋口和喜
 【発行所】集英社インターナショナル新書
 【発行日】2022/12/12
 【ISBN 】978-4-7976-8115-4
 【価 格】920円


総合商社の退職間際に大使にならないかという話があり、エルサルバドル大使に。大使が具体的に何をしているかわかる一冊です。


■認証式
皇居の正殿で行われますがドレスコードはモーニング。帝国ホテルの高島屋がレンタルしてくれるそうで日時未定で予約できます。当日は帝国ホテルにハイヤーが到着するのも待って向かうそうです。辞令は特命全権大使で別に認知の事例が出ます。


■中南米大使の会議
年1回、中南米大使会議は日本で行われます。一度、中南米で実施した時、距離は近くても飛行機の乗り継ぎなどが大変で日本で集まった方が楽だそうで、四国4県の会議を大阪でやるのと似ています。

| | コメント (0)

2021/03/22

まちづくり幻想

 【書 名】まちづくり幻想
 【著 者】木下斉
 【発行所】SB新書
 【発行日】2021/03/15
 【ISBN 】978-4-8156-0912-2
 【価 格】900円

■労働者協同組合(バスク自治州)
自分たちでお金を出している会社で働く方式の組織。モンドラゴンという巨大な組合もあり1.6兆円の連結売上と10万人を雇用している。生協とのハイブリッド型で地元消費によって生まれる利益が地元に戻る仕組みになっている。

■値付け
生産者は生産物を購入したことがないので都会向けに正しい値付けをするのが実は難しい。岩手の一番いいウニを瓶にいれて販売する時に1個1万円で提案したところ地元では無理だという意見が多かったのが、ふたをあけてみれば完売に。

■全員が同じ事業をすると失敗する
成功事例を横展開すればみんなで幸せになれるのは幻想。また営業が重要で例えば富裕層観光を狙うならプロジェクトに富裕層がいなければ顧客志向もわからず営業ツールもない。

■女性が地域から都会へ出る理由
企業経営者などの理解がすすまず、やりがいが感じられない環境となっているで地域に性差への偏見が根強く存在しているところにあります。東京へ出る理由で大きいのは治安と家賃。地方で女性が一人暮らしできるマンションは、ほとんどなく高い家賃になってしまいます。

■宮城県女川町
還暦以上は復興事業に口出ししない、未来を生きる世代に地域内の様々な上役を譲ったうえで必要な資金も集めるし批判されたら弾除けになるが基本方針。20年先、30年先に生きていないやつが意思決定するべきではない。

■地域が衰退しているからなにをやっても失敗する
成果を出す人間が出てくると、地域のせいで苦労しているという理屈が通らなくなって困ることになります。地域で成功した人は地元の勉強会には呼ばれないことになります。

■みんなで頑張ろう
私は責任をとらないという意味になる。「みんな」は明確な責任やリスクを霧散霧消してしまう。
・百人の合意より一人の覚悟
・大事なことは、だいたい面倒くさい(宮崎駿)
・早く行きたければ、ひとりで行け。遠くまで行きたければ、みんなで行け。(アフリカのことわざ)

| | コメント (0)

2020/03/14

知らないと恥をかく東アジアの大問題

 【書 名】知らないと恥をかく東アジアの大問題
 【著 者】池上彰、山里亮太
 【発行所】角川新書
 【発行日】2020/03/10
 【ISBN 】978-4-04-082356-0
 【価 格】900円

MBS(毎日放送)の深夜番組「生! 池上彰×山里亮太」の内容を出版した本です。

■朝鮮戦争の終戦宣言
朝鮮戦争当時、韓国は抗戦するという主張をしていたため韓国は休戦協定に署名していません。国連軍と中国、北朝鮮との間で休戦協定が結ばれています。国連軍はアメリカを中心に16ケ国あり終戦宣言では16ケ国がOKしないといけないそうです。

■北朝鮮の階層制度
核心階層-日本統治時代に北朝鮮の体制を守ろうとした層
動揺階層-インテリ層
敵対階層-日本統治時代に協力していた層

■爆ドッグ
人間ドッグツアー 2万6千元(約40万円) 神戸牛、有馬温泉、神戸・大阪観光つき

■香港
イギリスが清と結んだのが新界とランタオ島の99年間の租借で香港はイギリスのものでした。鄧小平時代にマーガレット・サッチャーと協議して香港も返してもらうことになりました。水や食料品を新界に頼っていて新界を返還すると香港の生活が成り立たなくなるからです。香港は共産党支配を嫌って逃げてきたお金持ちが覆う、お抱えコックも連れてきたため、おいしい料理が食べられるようになりました。

| | コメント (0)

2020/03/01

貞観政要

 【書 名】貞観政要
 【著 者】呉競
 【発行所】ちくま学芸文庫
 【発行日】2015/09/10
 【ISBN 】978-4-480-09695-1
 【価 格】1,000円


帝王学の指南書となった「貞観政要」です。太宗(李世民)が名臣たちと交わした問答を史家である呉競が編纂したものです。


■君は舟なり、人は水なり
荀子に出てくる言葉で「君は舟なり、庶民は水なり、水はすなわち舟を載せ、水はすなわち舟を覆す」で、太宗は治世の心構えとして肝に銘じていました。
・公正な政治を行い、人民を愛すること
・礼を尊重し、すぐれた人物に敬意を表すること
・賢者を登用し有能な人物を抜擢すること


■短所を見ずに長所を見よ
相手の短所と長所を十分に心得たうえで、その長所を発揮させるような使い方をせよ


■李克の人物鑑定法
戦国時代、魏の文侯の宰相であった李克の人物鑑定法
・ふだん、どんな相手と親しくしていたか
・富裕なとき、誰に与えたか
・高位についたとき、誰を登用したか
・窮地に陥ったとき不正を行わなかったか
・貧乏したとき、貪り取らなかったか


■史家(歴史家)の使命感
記録するために命をかけた人物が何人もいました。春秋時代、斉の重臣が主君を殺したところ、史家が記録しました、この史家が殺されると弟が引き継いで記録します。また殺されると三番目の弟が記録したことで、あきらめます。

| | コメント (0)

2020/02/15

座右の書「貞観政要」

 【書 名】座右の書「貞観政要」
 【著 者】出口治明
 【発行所】角川新書
 【発行日】2019/12/10
 【ISBN 】978-4-04-082351-5
 【価 格】860円


副題は中国古典に学ぶ世界最高のリーダー論。唐の基礎を作り上げたのが第二代皇帝、太宗・李世民です。貞観という稀にみる平和な時代に、臣下に権限を与え口出しをせず、臣下の諫言を歓迎しました。李世民は兄弟を殺し、父を幽閉して帝位につきましたが、これでは煬帝と同じです。そこで名誉挽回するために善政を敷くしかありません。これで実現したのが貞観の治です。


■易姓革命
徳を失った王朝が天から見放され王朝の姓がかわります。日本の天皇家に姓がないのは易姓革命論の影響かもしれません。


■上司も部下も組織を運営するための機能の一つ
上司は部下よりも人間として偉いわけではなく、チームで上司の機能を割り当てられているだけです。


■ロサダの法則
1回叱ったら3回以上ほめることが必要で、それ以上叱ってしまうと、人は自信を失ってしまいます。心理学者マーシャル・ロサダの研究成果です。


■書道
中国の冗談で地方視察に行く役人は書道の勉強をします。地方の役人から揮毫を求められ、書かれた文字を見て松竹梅で接待のランクを決めるからだそうです。


■遊牧民の十進法
1000人隊では100人隊長が10人いて、100人隊長の下には10人の10人隊長がいます。有能な隊長でも管理できるのは経験的に10人が限度と考えていました。


■人生意気に感ず
魏徴の言葉で、太宗を殺そうとしていた人物でした。「人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん」(人生は相手の心意気に感激して行動するもので、功績や名誉などは問題ではない)

| | コメント (0)

2017/03/01

天皇にとって退位とは何か

 【書 名】天皇にとって退位とは何か
 【著 者】本郷 和人
 【発行所】イースト・プレス
 【発行日】2017/01/27
 【ISBN 】978-4-7816-1506-6
 【価 格】1400円

歴史学者から見た天皇の退位に関する分析です。江戸時代など京都周辺は別にして一般庶民は天皇の存在を知りませんでした。大名という”殿さま”がいただけです。日本はバラバラの集合体ですが、伊藤博文などがヨーロッパ諸国を見に行くとキリスト教で一枚岩になっていました。そこで国民のあいだに天皇の重要性を認識させ、アイデンティティを植え付けていくことになります。また明治政府は世襲を排し、父親の身分によって加点されるような抜け道をなくしました。ですが二世議員や三世議員が出るようにまた世襲社会に戻っています。

武家が天皇にとって代わろうと思えばできる軍事力がありましたが、できなかったのは武家が独自の土地所有の仕組みをつくりだすことができなかったことにあります。
土地所有は職の大系で、土地を一人で所有するのではなく重層的な支配構造のなかで所有しています。
本家-最上位の土地の名義上の所有者 摂関家や大寺社など
領家-有力貴族、有力寺社
地頭、下司-現場で荘園を管理する武士
公文-現地で実務をとっていた下級職員

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧