2022/09/12

世界の〝巨匠〟の失敗に学べ!組織で生き延びる45の秘策

 【書 名】世界の〝巨匠〟の失敗に学べ!組織で生き延びる45の秘策
 【著 者】池上彰、佐藤優
 【発行所】中公新書クラレ
 【発行日】2022/7/10
 【ISBN 】978-4-12-150768-6
 【価 格】900円


乃木希典、田中角栄、ドナルド・トランプ、山本七平、李登輝、オードリー・ターン、アウンサンスーチー、ドストエフスキーを題材に組織でいかに振舞ったらよいかを対談しています。


■限定合理性
いったん始めると止めるのが難しい。今までの投資がすべてサンクコスト(埋没費用)になってしまい、身近な例ではUFOキャッチャーで景品をゲットするまで帰れなくなります。


■デイヴィッド・ロックフェラー
大金持ちになっても維持するのは大変。何もしないと国家と民衆から攻撃される。生き残るためには
・補完外交ーアメリカの国家ができないような国と外交関係をもって国に後継
・チャリティー富の再分配を行う


■田中角栄
アメリカは時間をかけて「2つの中国」の可能性を模索しようとしていたら田中角栄が中国を訪れて日中国交正常化をはたしますが、日本が「1つの中国」という方向性で突っ走ったため、それに追随せざろをえなくなります。外交の幅を日本に狭められました。


■台北
台湾の首都は台北というより正確には中華民国の中央政府機構が置かれている臨時首都という位置づけで、本に記載されている通り、日本の外務省のホームページを見ると1949年12月7日「台北に臨時首都を遷都」と書かれていました。

| | コメント (0)

2022/08/06

コクヨの結果を出す整理術

 【書 名】コクヨの結果を出す整理術
 【著 者】コクヨ株式会社
 【発行所】知的生きかた文庫
 【発行日】2020/7/10
 【ISBN 】978-4-8379-8661-4
 【価 格】890円


■モノを捨てる基本は時限爆弾方式
すべてを出して並べ、直近で使っている、いつか使うもの、使わないに仕分け
いったん出してしまうと、しまうのがおっくうになり思い切って捨てやすくなる


■モノの住所を決める 外泊禁止
モノの収納場所を決めて、使い終わったら必ず帰宅させ外泊禁止に


共通文房具は手で簡単に切り取れるスポンジタイプのシートを使って文房具として格納


■書類整理の日を決める


■お金関係の書類は黄色のクリアファイルに入れる
金運アップと黄色で目立ち探しやすい


■仏像ファイル
仏像がプリントされたクリアファイルに書類を入れて仏像の口元に「押印お願いします」と付箋を貼っておくと戻しが早くなります。

| | コメント (0)

2022/06/15

夢をかなえるゾウ0

 【書 名】夢をかなえるゾウ0
 【著 者】水野敬也
 【発行所】文響社
 【発行日】2022/5/24
 【ISBN 】978-4-86651-497-0
 【価 格】1,680円


今回はガネーシャがなぜ人間の夢をかなえるのか、その理由も出てきます。


■渋沢栄一
夢なき者は理想なし。理想なき者は信念なし。信念なく者は計画なし。計画なき者は実行なし。実行なき者は成果なし。成果なき者は幸福なし。ゆえに幸福を求める者は夢なかるべからず。

| | コメント (0)

2022/05/14

日本アニメ史

 【書 名】日本アニメ史
 【著 者】津堅信之
 【発行所】中公新書
 【発行日】2022/04/25
 【ISBN 】978-4-102694-1
 【価 格】940円


■ディズニー
映画評論家L・マルティン-アニメーションというメディアを発明したのではなく、アニメーションというメディアを定義した
ディズニーは映画の一技法だったアニメを「蒸気船ウィリー」のミッキーによって大きな可能性を示した


■動画
1930年代から活躍したのが政岡憲三で日本動画研究所というスタジオを作る。アニメーションを動画と和訳したのが政岡憲三。


■魔法近いサリー
1960年代、家庭のテレビのチャンネル権が女の子にはないと考えられていたが「奥さまは魔女」が21時からの放映で好調だったためチャンネル兼争いで女性が意外に強いことが分かり、東映動画は「魔法使いサリー」を送り出します。

| | コメント (0)

2022/05/07

元気セラピー

 【書 名】元気セラピー
 【著 者】大谷由里子
 【発行所】KKロングセラーズ
 【発行日】2022/05/01
 【ISBN 】978-4-8454-5159-3
 【価 格】905円


紀伊国屋書店本町店の一角に面で並べられていて壮観でした。


■無理に明るい色をイメージをすることで心を明るくできる
今までの一番楽しかった思い出をカラーで、今まで一番つらかった思い出をモノクロで思い描くとカラーは主観的になれモノクロは客観的になれる効果があります。


■起業と企業
起業-己が走る-自分が現場を回れば仕事がまわっていた
企業-人を止める-管理が必要になる


■余裕 西川のりおさんのお母さんの教え
御金は常に半分を使うようにする 50円のものが欲しければ100万円を貯めて50万円を使い50万円を貯金する
半分、お金が残っている余裕が大切


■アメリカの小学校で出る質問
・あなたがしたいことは何ですか
・あなたができることは何ですか
・あなたが、今しなければならないことは何ですか
重要なのは日々、意識すること


■阪神淡路大震災
ミキプルーンを日本全国に売っている営業ウーマンに自身見舞いの電話がかかってきた時、「大丈夫か」という声に
「わたしは神戸に住んでるのよ。大丈夫なわけないじゃない。でもね、今のわたしを励ますのは注文よ」

| | コメント (0)

2022/04/23

ウイルス学者の責任

 【書 名】ウイルス学者の責任
 【著 者】宮沢孝幸
 【発行所】PHP新書
 【発行日】2022/04/06
 【ISBN 】978-4-569-85158-7
 【価 格】980円


■ウイルスと人の接触を減らす
目、鼻、口なのでウイルスに曝露される量を減らせば感染リスクが下がります。マスクと15秒ぐらいの手洗いをすれな、かなりの量を減らせます。PCR陽性は感染してウイルスがピークの時も1週間ぐらいにたってうつさない1/100になっても養成になります。ウイルスの量が問題で1/100になれば、かなりのリスクが下がります。リスクが高いのが高齢者で誤嚥してしまって肺にウイルスが入ると症状が重くなります。


■インフルエンザ
流行すると1週間で100万人が感染、2017年~2018年で1458万人ほど。新型コロナウイルスは2019年~2022年2月で400万人程度の感染力になります。


■リスクコミュニケーション
サルレトロウイルスは人に感染することがありますがマスコミから「人に感染しますか?」と聞かれると「人に感染して人が発祥した事例はない:と答えます。「人に感染する可能性がある」だとパニックになってしまいます。


■猫のレトロウイルス
家ネコは中東で飼いならされ1万年ほど前から人と一緒に世界へ広がりましたが、レトロウイルスから2系統あることがわかりました。中東からヨーロッパに移動した西回りの猫とシルクロード沿いに東回りした猫です。


■プロジェクト研究
新しい発見にはセレンディピティが重要ですが5年間の研究予算がつくプロジェクト研究は計画通りにすすめることが重要です。研究は失敗するのが当たり前ですので、うまくいなかければ別の寄り道に変更して新しい発見につながりますが、これができない構造になっています。


■ダメな人を大事にする組織が、よい組織
仕事が抜群にできる人たちで新しい会社を作ってもうまくいかないことが多くあります。ダメな人が組織内に居場所があることによって、ほかの人たちの心が和らぎ、組織が平和になります。

| | コメント (0)

2022/04/09

腎臓が寿命を決める

 【書 名】腎臓が寿命を決める
 【著 者】黒尾 誠
 【発行所】幻冬舎新書
 【発行日】2022/02/28
 【ISBN 】978-4-344-98644-2
 【価 格】860円


■動物の寿命
血液のリン濃度の順に並べ替えると相関関係ができます。


■腎臓
糸球体と尿細管でネフロンが構成されていて、腎臓一つで100万個ほどありますが個体差がけっこうあります。また加齢とともに減っていきます。原尿はお風呂一杯分の180リットルですが再吸収によって実際の尿は1日1.8リットルになります。


■CPP
リン酸カルシウムがタンパク質と結合してCPPとなります。このCPPが石灰化を起こしたりして体に悪さをし寿命に影響を与えます。健康のためには脂とリン酸カルシウムという水に溶けない2大物質をいかにコントロールするかが重要。

| | コメント (0)

2022/03/10

偉人の年収

 【書 名】偉人の年収
 【著 者】堀江宏樹
 【発行所】イースト新書
 【発行日】2022/01/18
 【ISBN 】978-4-7816-8077-4
 【価 格】880円


■西郷隆盛
明治5年に陸軍大将となった西郷の月給は500円(1000万円ほど)で年収1億2000万円。清貧のイメージがありますが、金遣いが荒かったほかの役人に比べたらです。上野の銅像ができた時に犬を連れた着流し姿ですが、長男の菊次郎によると、あんなラフな格好で外を歩いていなかったそうです。


■樋口一葉
一葉ー1枚の葦の舟に乗って中国へ渡り、のちに手足を失った達磨大師の逸話にかけたもの。一葉ーお足がないーお金がない、で名づけたのは半井桃水(なからいとうすい)。


■夏目漱石
松山中学の教員の時に月給80円で校長は60円で、校長よりも好待遇でした。「吾輩は猫である」は初版が1000部で3刷して4000部でした。3部作で、1冊目の価格が95銭と高く現在なら1万9千円ほど。全部揃えるのに5万5千円ほどになりました。


■天武天皇
685年に上流貴族を集めて博打(双六)をしろと命じています。中国からもたらされた歌や笛と共に双六も伝えていくようにという意味ですが自身も双六にはまっていたようです。天武天皇が亡くなってから689年に持統天皇は双六を禁止しますから、にがにがしく思っていたかもしれません。


■福沢諭吉
「学問のすすめ」の販売は340万冊ほどになります。22億円ほどの売上になりますが、福沢諭吉は自分の版元から自費出版の形で出しました。原稿料だけで食べられたのが曲亭馬琴だけで、執筆は趣味の一環と思われていました。福沢諭吉は著作権を守ろうと働きかけもしています。


■ベートーベン
楽譜を書いて出版すると出版社から作曲費用をもらえますが買い取り契約なので楽譜が売れても印税収入はありません。ベートーベンの時代には音楽マニアの貴族などに楽曲の献呈をすると、献呈された側は一定期間、演奏会を主催して稼ぐ権利のバーターとして献呈料を作曲家に支払ました。それで楽譜に「〇〇夫人に捧げる」という文字が書かれることになります。


■クラーク博士
少年よ大志を抱けで有名なクラーク博士ですが日本から帰国してからは事業の失敗など惨憺たる結果でした。

| | コメント (0)

2022/01/16

バチカン大使日記

 【書 名】バチカン大使日記
 【著 者】中村芳夫
 【発行所】小学館新書
 【発行日】2021/11/31
 【ISBN 】978-4-09-825413-2
 【価 格】860円

■バチカン市国
バチカン大使公邸や在バチカン大使館もバチカン市国内にはない。広さは東京ドーム10個分で人口は615人。183の国と地域と関係をもっている。デパートもあり、その中にチャリティの展示がある。教皇への贈答品が並べられていて入札によって購入でき、売上は寄付にまわされます。バチカン市国内にはスーパーもあり、ローマ市内は付加価値税がかかるが、バチカン内では付加価値税が課せられません。

1921年に昭和天皇が皇太子時代にバチカン市国を訪問し、教皇と謁見。日本とバチカンの国交樹立は日本と敵対しえいたアメリカ政府が大反対。

■スイス衛兵
紺色、黄色、赤色の制服の起源はミケランジェロがデザインしたと言われているが実際は1914年に隊長を務めた人物がルネサンス期のデザインを参考にしてデザインしたのが本当。

| | コメント (0)

2021/11/03

知らないと損する年金の真実

 【書 名】知らないと損する年金の真実
 【著 者】大江英樹
 【発行所】ワニブックスPLUS新書
 【発行日】2021/10/25
 【ISBN 】978-4-8470-6664-1
 【価 格】860円


■年金は保険で防貧機能がある
年金は共助で保険制度になっています。積立金方式になっていないのは防貧機能が必要だからです。人間、どこまで生きるかは分かりません。防貧機能というのは長生きしても貧困にならずに生活できる機能です。積立金だと予想以上に長生きするとお金がなくなってしまいます。生活保護は救貧機能で公助になります。また著者に「何歳から受け取ると得か」という質問があった時に「いつまで生きるか言ってもらったら計算できます」と答えているそうです。保険なので働けるうちは働いて何かあった時に助けてもらうというのが正解のようです。年金相談の現場では「繰り下げで後悔するのはあの世、繰り上げで後悔するのはこの世」という言葉があるそうです。


ただし一定期間、年金保険料を振込しないと年金はもらえません。年金には税金も入っているので年金が信用できないと保険料を支払っていない人は結局、年金を受給できず税金分を損していることになります。実際に未納になっているのは、わずか2%弱で、未納率4割と報道されるのは正式には未納月数で自営業者などが保険料の支払いを忘れた割合などになります。サラリーマンは年金保険料をおさめる必要がある人の9割になり、保険料は天引きされていますので、そもそも未納率4割になりようがありません。


■少子高齢化で年金は崩壊する
「ちょっと気になる社会保障」(権丈善一)によれば1人の就業者が何人の非就業者を養っているかで見る必要があり、1970年は1.05人ですが2040年に0.96人となるだけで
ほとんど差がありません。働き方が変化し専業主婦が減って共働きが増え、シニアも働くことになり、いろいろな改革が行われた成果がでています。制度改革でむこう100年間を想定し5年ごとに見直しをしようと決めましたが公明党のバカな議員が「100年安心」と発言してしまい、これまた勉強していないマスコミが飛びついてバズワードになってしまいました。来年のことも分からないので100年安心なんてありえません。ですので5年ごとに見直しましょうとなっています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧