« 成瀬は信じた道をいく | トップページ | 軍師たちの日本史 »

2024/06/05

日本史の違和感

 【書 名】日本史の違和感
 【著 者】本郷和人
 【発行所】産経NF文庫
 【発行日】2024/06/24
 【ISBN 】978-4-7698-7069-2
 【価 格】900円

■パンデミック
藤原四兄弟がなくなった天然痘。正倉院文書に残された正税帳で推定したところ総人口の25~34%、100~150万人ほどが亡くなる、すさまじい疫病でした。聖武天皇が大仏建立した気持ちがよく分かります。

■冊封
冊封(中国皇帝の家臣)された国は貢献物と版籍(地図と戸籍)を毎年進上しなければなりません。版籍奉還の版籍がここからきています。

■始球式
明治41年(1908)アメリカ選抜チームと早稲田野球部との親善試合で初めての始球式が行われました。投げたのは大隈重信でストライクゾーンからはずれてしまいました。打者は大隈総長に恥をかかせてはいけないと空振りします。これが伝統になりました。

→ 日本史の違和感

|

« 成瀬は信じた道をいく | トップページ | 軍師たちの日本史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成瀬は信じた道をいく | トップページ | 軍師たちの日本史 »