« マンガでたのしく!国会議員という仕事 | トップページ | コカ・コーラを日本一売った男の学びの営業日誌 »

2024/06/29

中山道の歩き方 近江路をゆく 柏原宿~三条大橋

 【書 名】中山道の歩き方 近江路をゆく 柏原宿~三条大橋
 【著 者】児玉幸多
 【発行所】学習研究社
 【発行日】2001/05/07
 【ISBN 】978-4-05-401273-6
 【価 格】1600円

■番場宿
「瞼の母」の主人公である番場の忠太郎は創作ですが番場宿に6代続いた「おきなが屋」忠兵衛の息子という設定になっています。蓮華寺があり足利尊氏、赤松則村らに攻められた六波羅探題の北条仲時が光厳天皇、後伏見、花園上皇を連れて京都を脱出し番場宿までたどり着きますが、佐々木導誉が差し向けた野伏に行く手を阻まれたため、本堂前で一族432人と共に自刃します。まだ28歳でした。

→ 中山道の歩き方 近江路をゆく 柏原宿~三条大橋

 

|

« マンガでたのしく!国会議員という仕事 | トップページ | コカ・コーラを日本一売った男の学びの営業日誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンガでたのしく!国会議員という仕事 | トップページ | コカ・コーラを日本一売った男の学びの営業日誌 »