« 軍師たちの日本史 | トップページ | ヴィクトリア朝時代のインターネット »

2024/06/07

喧嘩の日本史

 【書 名】喧嘩の日本史
 【著 者】本郷和人
 【発行所】幻冬舎新書
 【発行日】2024/05/30
 【ISBN 】978-4-344-98731-9
 【価 格】980円

■足利義満
細川頼之が家庭教師でつけたのが二条良基。内大臣、左大臣、太政大臣となります。左大臣は全ての儀式の監督役で儀式の段取りや貴族たちの動きが分からなければできません。平清盛はできなかったので内大臣から太政大臣になっていますが、足利義満に比べて格式が下になります。

中級実務貴族を家来にしました。家来にとっても荘園の取り立てを武士にやってもらわないといけないのでWin-Winでした。足利尊氏は武家政権が貴族社会をのみこむプランを考えていましたが足利直義は鎌倉時代と同じ、東国中心の武家主義でしたが足利義満でプランが実現することになります。

■光秀の裏切り
本能寺の変時の宣教師のレポート
光秀の嫡子・十五朗がキリスト教の洗礼をうけようとしたところ、信長によって討たれそうになったため信長を討ったという話です。

→ 喧嘩の日本史

|

« 軍師たちの日本史 | トップページ | ヴィクトリア朝時代のインターネット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軍師たちの日本史 | トップページ | ヴィクトリア朝時代のインターネット »