« 日本経済本当はどうなってる? | トップページ | 神保町 本の雑誌 »

2024/06/01

日本最大の私鉄 近鉄 知らなかった凄い話

 【書 名】日本最大の私鉄 近鉄 知らなかった凄い話
 【著 者】新田浩之
 【発行所】KAWADE夢文庫
 【発行日】2024/05/30
 【ISBN 】978-4-309-48602-4
 【価 格】720円

■中川短絡線
できたのは1961年で名古屋ー鶴橋をノンストップ特急が2012年まで走っていました。短絡線内で走行しながら運転士の交代が行われていました。

■通勤電車 シリーズ21
ロングシートの扉寄り1席にひじ掛けがあり、両手でひじ掛けをつかみながら立てるようにした高齢者向け「らくらくコーナー」と呼ばれています。

■ケーブルカー貨車
西信貴ケーブルでは貨車が連結され高安山駅のトイレで使用する水が運ばれています。

■複々線 上本町ー布施
奈良線が600ボルト、大阪線は1500ボルトで600ボルトにあわせて速度を落としていたため、複々線化によって解消しました。

■近鉄四日市駅など近鉄が駅名につく理由
同じ駅名のJR駅と場所が異なる独立駅であることが基本

■1日あたりの平均駅乗降ランキング
1位 阿倍野橋駅 140,475、2位 鶴橋 135,330、3位 難波 108,368
1位 西青山 9、2位 五知 9、3位 沓掛 10 志摩線が穴川、白木と続きます。

→ 日本最大の私鉄 近鉄 知らなかった凄い話

|

« 日本経済本当はどうなってる? | トップページ | 神保町 本の雑誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本経済本当はどうなってる? | トップページ | 神保町 本の雑誌 »