« 日本最大の私鉄 近鉄 知らなかった凄い話 | トップページ | 成瀬は信じた道をいく »

2024/06/01

神保町 本の雑誌

 【書 名】神保町 本の雑誌
 【著 者】本の雑誌編集部
 【発行所】本の雑誌社
 【発行日】2023/11/10
 【ISBN 】978-4-86011-484-8
 【価 格】1800円

神田駅で降りるという初心者も多いのですが、神保町には250ほどの出版社があり神保町交差点を中心とした半径750界隈に750の出版社があります。

■古物商免許
身分証明書以外に本籍地の市町村が発行する禁治産者、準禁治産者、破産者でないことを証明する書類が必要

■古書店
買わずに後悔するより買って後悔しろ
即売会では3周する。しかもそれぞれ逆に回る

■古書組合
組合員の紹介が必要で出資金10万円、加入金44万円、共済会基金3万円が必要、申請時にすでに開業して営業経験があることが望ましい。
毎月は組合費4千円と共済費が3百円。

■玉英堂書店
伝藤原公任筆「古今和歌集」 1億5千万 実際に売れました

■古本業界
本を古紙回収業者に回して捨てることで成り立っています。
新刊書店経験者が古本屋をはじめて失敗するのは本を捨てることができないからで、新刊書店では返品できますが古書店ではツブすことで棚の鮮度を保ちます。ところが「まんだらけ」やブックオフは捨てていた本を商品にしてしまいました。

→ 神保町 本の雑誌

 

|

« 日本最大の私鉄 近鉄 知らなかった凄い話 | トップページ | 成瀬は信じた道をいく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本最大の私鉄 近鉄 知らなかった凄い話 | トップページ | 成瀬は信じた道をいく »