« 楠木正成・正行・正儀 南北朝三代の戦い | トップページ | 誰よりも速くアイデアを生む15の公式 速案 »

2024/05/16

絵と写真でわかるへぇ~!びっくり!日本史探検

 【書 名】絵と写真でわかるへぇ~!びっくり!日本史探検
 【著 者】河合敦
 【発行所】祥伝社黄金文庫
 【発行日】2023/05/20
 【ISBN 】978-4-396-31848-2
 【価 格】780円

■戦争中の英語授業
昭和15年に文部省は高校の入試から英語をはずしたことはあったが戦時中にも英語教育は実施されていました。英語熱は高く、英語ができると徴兵されても国内勤務の可能性が高いことがありました。

■オランダ商館長
毎年春、将軍に挨拶するために訪問していましたが開国まで166回を数えました。1790年以降は毎年ではなく4年に1回になりました。

■文久3年 幕府遣外使節団
横浜港の鎖港を列挙諸国に認めてもらう使節団でスフィンクスの前で撮影された写真で有名です。目的は攘夷を実行しているというポーズのための時間稼ぎでしたがフランスで交渉したところで一蹴され逆に長州藩砲撃事件の賠償金支払いなどの約定を結ばれてしまいました。池田ら使節団はパリでの外交交渉中にフランスから四国艦隊下関砲撃計画を知らされ、急遽、帰国。横浜港には大艦隊が終結しており、驚いた池田は戦争回避のため攘夷の不可を朝廷に説明しようとしたが幕府からは狂人扱いにされたのが真相の模様。

■軍事郵便
実際に検閲が行われたのは10%ほどで、日中開戦前は細かな地名もどうどうと記載されていました。

→ 絵と写真でわかるへぇ~!びっくり!日本史探検

 

|

« 楠木正成・正行・正儀 南北朝三代の戦い | トップページ | 誰よりも速くアイデアを生む15の公式 速案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楠木正成・正行・正儀 南北朝三代の戦い | トップページ | 誰よりも速くアイデアを生む15の公式 速案 »