« 鎌倉仏教のミカタ | トップページ | 新・世界から戦争がなくならない本当の理由 »

2024/04/10

カレー移民の謎

 【書 名】カレー移民の謎
 【著 者】室橋裕和
 【発行所】集英社新書
 【発行日】2024/03/20
 【ISBN 】978-4-08-721308-9
 【価 格】1200円

■在日ネパール人
2013年 31,537人 → 2023年 156,333人 10年で5倍に
2002年頃に規制緩和で500万円以上の出資があれば投資・経営ビザをとれるようになります。以前は2人以上の常勤職員が必要でした。どこの入管で取りやすいかの情報がまわり地方にカレー店ができていきます。入管ではチラシを配っているかもチェックしているとも言われ、ビザ更新の安心材料としてやっている店が多くなります。店内写真にタンドールが映っているとアピールになるという噂もあります。
来日し働きながら独立。基本は模倣からスタートし、同じようなカレー店があふれることになります。インドはカースト制度の意識がありコックはコックしかせず、洗い場なら洗い場だけになるのに比べ、ネパール人はなんでもやるので重宝されました。
ただし10人いたら成功するのは2人ぐらい

■タンドール
アショカがインドからタンドールを空輸してタンドールチキンやナンを作り始める

■バグルン出身
農業、観光程度しか産業がないため海外へ出稼ぎに、結果として過疎化しておりネパール人自身も悩んでいるのが実態。もともとイギリスのゴルカ(グルカ)兵として活躍しており、バグルンはゴルカ兵を多く輩出している地域となります。

→ カレー移民の謎

|

« 鎌倉仏教のミカタ | トップページ | 新・世界から戦争がなくならない本当の理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉仏教のミカタ | トップページ | 新・世界から戦争がなくならない本当の理由 »