« 新説 徳川家康 | トップページ | 国民は知らない食糧危機と財務省の不適切な関係 »

2024/03/26

道と日本史

 【書 名】道と日本史
 【著 者】金田章裕
 【発行所】日経BP
 【発行日】2024/03/08
 【ISBN 】978-4-295-11983-7
 【価 格】1,000円

■北陸道
北陸道は湖西の木津から山に入り玉置駅、美彌駅、松原駅へと続いており、阿倍仲麻呂の変では、この道をたどろうとしますが、既に抑えられており、現在のマキノから続く北陸道に入りますが当時は山道だったようです。

■駅馬の使用
大瑞、軍機、災害・病気の発生、謀反、外国からの渡来、幣帛使などの公使、国司が報告のために上京する四度使(大帳使、貢調使、正税帳使、朝集使)

■信長 東山道の改修
天正3年(1575) 東大寺金堂の日記
スリハリ峠を人夫2万人以上を動員して幅三間、深さ三尺の切通し状の道と水田部分ではそれを埋めた道を建設し京都・美濃間を三里ほど短縮

■唐橋
鴨川にかかっていた橋で東側には醍醐道(滑石越)が通っていたため京都の玄関口になっていました。

■平安京
京都といえば格子状になった町並みが有名ですが、だんだんと農地になったり道に扉がつけられて家になったと変貌してしまいます。

■沓掛
地面が柔らかいので馬に沓(わらじ)をはかせていました。馬沓をははすことで沓掛になった説があります。

→ 道と日本史

|

« 新説 徳川家康 | トップページ | 国民は知らない食糧危機と財務省の不適切な関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新説 徳川家康 | トップページ | 国民は知らない食糧危機と財務省の不適切な関係 »