« 出久根達郎の古本屋小説集 | トップページ | 日本史の謎は地形で解ける 日本人の起源篇 »

2023/12/16

古書の来歴

 【書 名】古書の来歴
 【著 者】ジェラルディン・ブルックス
 【発行所】創元推理文庫
 【発行日】2023/11/10
 【ISBN 】978-4-488-21607-8
 【価 格】1500円


ハガターとはユダヤ教の信者が「過越しの祭り」で読む祈りや詩編をヘブライ語で記したもの。1894年にサラエボ・ハガターが出現し、中世の彩色画が描かれたヘブライ語の最古の本のひとつです。14世紀なかばのコンビベンシア(ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が比較的平和に共生していた時代)の頃にスペインで作られ、1609年にベネチアに渡ったことは判明しています。いろいろな戦火を乗り越えて本が伝わったことは確実ですが、どんな出来事だったのかは分かりません。そこを小説にした作品です。

|

« 出久根達郎の古本屋小説集 | トップページ | 日本史の謎は地形で解ける 日本人の起源篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出久根達郎の古本屋小説集 | トップページ | 日本史の謎は地形で解ける 日本人の起源篇 »