« 戦国大変 | トップページ | 徳川時代の古都 »

2023/08/09

虫眼とアニ眼

 【書 名】虫眼とアニ眼
 【著 者】養老孟子、宮崎駿
 【発行所】新潮文庫
 【発行日】2022/12/25
 【ISBN 】978-4-10-134051-7
 【価 格】630円


■制作
準備段階を入れると3年ほどかかる。そして毎月の固定が800万円ほど出ていく。
この子を楽しまさせるために作る-若いスタッフは晩婚化の影響で自分の子供のために作りたいと思わず、いつまでも自分のために作りたいと考え、変なアニメになってします。


■鎌倉
鎌倉時代の絵図には周囲の山の尾根が馬が通れる幅の道になって自然の砦になっていた。今は全部、木が生えてしまった。


■電通のコマーシャル
1秒30コマ 15秒CM-450コマ
屋内から屋外に画面転換する時は2コマほどブランクをいれるーいきなり画面が変わるので視聴者がまばたきをする
視聴者は自分がまばたきしたので向こうが変わったんだと思ってしまう


■千と千尋
湯屋の女たちが寝る部屋ー絹糸産業の女工たちが住んでいた寮がモデル
昭和20年代、近江絹糸で葬儀があり手ぬぐいを拡げて干したいう要求-人が多すぎて洗濯物を手すりに干せなかった

|

« 戦国大変 | トップページ | 徳川時代の古都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦国大変 | トップページ | 徳川時代の古都 »