« 信長の正体 | トップページ | 考古学者が発掘調査をしていたら怖い目にあった話 »

2023/07/22

恋愛の日本史

 【書 名】恋愛の日本史
 【著 者】本郷和人
 【発行所】宝島社新書
 【発行日】2023/07/24
 【ISBN 】978-4-299-04297-2
 【価 格】900円


■紫式部
父親である藤原為時の官職が式部、源氏物語の紫の上の紫を付け足したもので本当の名前は分かっていません。和泉式部も同様で夫が赴任したのが和泉でした。


■源氏物語
光源氏ー政所(上流貴族が自分の財産を維持する機関)を持っていて財産がありました。関係をもった女性をちゃんと手当しています。


■宮中の役職
長官、次官、判官、主典ー4つのランクに分けられた四等官制 どんな役職でもNo1~No4までが存在しています。


■藤原道真は糖尿病
「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」の頃は目が見えなくなっていたようです。


黒田官兵衛は梅毒ではなかったかという説があり、頭巾をかぶったのは梅毒の腫物を隠すためだったようです。治療のために水銀を使っていたようです。梅毒は戦国時代に外国から日本に入ってきました。

|

« 信長の正体 | トップページ | 考古学者が発掘調査をしていたら怖い目にあった話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信長の正体 | トップページ | 考古学者が発掘調査をしていたら怖い目にあった話 »