« 大阪のトリセツ | トップページ | 紛争地の歩き方 »

2023/05/03

武器になる 世界の時事問題

 【書 名】武器になる 世界の時事問題
 【著 者】池上彰
 【発行所】だいわ文庫
 【発行日】2022/08/15
 【ISBN 】978-4-479-32023-4
 【価 格】840円


■警察組織
アメリカ-州単位に警察、他の州にまたがる場合はFBI
日本-捜査権は都道府県警察にあり警察庁は連絡調整役で捜査権はない 警察庁には制服警察はおらずスーツにネクタイ姿


■聖書
神様が「産めよ、増やせよ、地に満てよ」と言ったことから妊娠中絶や進化論を認めない、また同性婚にも反対します。


キリストの処刑に際してローマのピラト提督が群衆に問いかけたところ、「イエスを殺せ。その血の報いが我が子孫に及んでもかまわない」とマタイの福音書に書かれています。ユダヤ人迫害の遠因となりました。


■イギリス
王室-ヘンリー八世が英国国教会の名前のもとに離婚を認めないカトリック教会の土地や財産を取り上げて英国国教会のものにします。それを受け継いだのが英国王室で最大の地主。この不動産収入でイギリス王室は維持されています。


■中国
共産党員-不逮捕特権があり、警察は逮捕できません。共産党内部の中央規律検査委員会が操作します。ここで除名されると共産党員でなくなるので警察が逮捕します。
中ソ対立時代、中国が核開発に取り組んだところ、ソ連はアメリカに中国をたたくことをもちかけ、アメリカは断ります。ニューヨーク・タイムズにリークされて報道されたことから中国は天安門広場の地下に人民解放軍100万人の兵士を収容できる巨大な空間が作られます。


■GHQ
戦争で負けた日本に駐留したのはアメリカではなく中国地方と四国地方はイギリス、オーストラリア、ニュージーランド連合が占領します。北海道は北半分をスターリンが占領を要求しますがアメリカが断ります。


朝鮮戦争があったため日本の経済力をアップしようと考えたアメリカは1ドル300~330円が相場だった為替レートを360円で固定。円安にすることで日本の輸出力を支えました。


■空母「遼寧」
ソ連時代からウクライナで作られていたおのが「ワリャーグ」という空母。ところがソ連崩壊でウクライナでは維持するお金がありません。そこでスクラップで売ろうとした時にマカオの企業が海上カジノに使いたいということで装備を取り外して売り渡します。ところが突然、中国の海軍基地に入り、マカオの企業は無くなってしまいます。ペーパーカンパニーでした。中国はウクライナの技術者を高給で雇い入れてよみがえらせます。


■歯舞、色丹
1945年8月15日-ポツダム宣言受託で9月2日にミズリー号で降伏文章に調印した日が国際法上の終戦になります。ところが9月2日以降に歯舞、色丹に侵攻したため不法占拠になります。

|

« 大阪のトリセツ | トップページ | 紛争地の歩き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪のトリセツ | トップページ | 紛争地の歩き方 »