« 正倉院のしごと | トップページ | 武器になる 世界の時事問題 »

2023/04/30

大阪のトリセツ

 【書 名】大阪のトリセツ
 【著 者】昭文社出版メディア出版部
 【発行所】昭文社
 【発行日】2023/02/15
 【ISBN 】978-4-398-14854-4
 【価 格】1500円


■片江駅
近鉄の古い路線をみていると片江駅という名前が今の今里駅で1914年(大正3年)に大阪電気軌道が開通した時の駅名です。その後、今里片江駅になり、1929年(昭和4年)今里駅になります。


■丁未(ていび)の乱
物部守屋と蘇我馬子・聖徳太子とで戦い、戦場は河内国渋川といわれています。大聖勝軍寺には守屋塚などがあり、寺の南にある光蓮寺が守屋軍の砦といわれています。守屋が討たれたのは衣摺(きずり)と言われ、もう少し北にあり光泉寺には守屋の稲城跡の碑が建っています。大聖勝軍寺とは4.5kmも離れています。


決戦前に餌香川(えがのがわ、今の石川)と旧大和川の合流地点で蘇我軍が物部軍の先遣隊を破り、聖徳太子は高井田横穴墓群がある高井田から見ていたといわれています。

|

« 正倉院のしごと | トップページ | 武器になる 世界の時事問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正倉院のしごと | トップページ | 武器になる 世界の時事問題 »