« べらぼうくん | トップページ | 江戸のヒット仕掛け人 »

2022/09/14

日本の古代豪族100

 【書 名】日本の古代豪族100
 【著 者】水谷千秋
 【発行所】講談社現代新書
 【発行日】2022/7/20
 【ISBN 】978-4-06-528622-7
 【価 格】1500円


■古墳の被葬者
男女比が6:4で古代社会では男女両系を重んずる社会。古墳時代中期になると次第に父系化が進む。


■葛城氏
襲津彦(そつひこ)が初代とみられ御所市の室宮山古墳に比定する説がある。


■継体天皇
豪族の多くは天皇の後裔としているところが多いが神武~応神までで仁徳天皇を祖とする豪族はなく継体天皇以降まで途切れることになる。仁徳~武烈までなくなるのは、王権から規制されたからで継体天皇の正統性を補完するため。継体天皇は息長君出身とみられ息長の本貫は近江坂田郡息長(米原)。


■三輪君
疫病が流行った時に大物主が天皇の夢にあらわれたので、河内の美努(みの)村にいた意富多々泥古を探し出し三輪で祀ったのが三輪神社のはじまり。美努村は須恵器の発祥の地で三輪君は須恵器生産に関わっていた模様


■大日下王
仁徳天皇と髪長媛(日向諸見君)の子供で地盤が河内の日下。母方に日向出身者をもつので日下王族、日下宮王家とも呼ばれている。


■額田部連
平群郡額田、河内郡額田が本貫の模様。推古天皇の幼名は額田部皇女で額田部氏が養育していたと思われる。


■弓削連
道鏡に対して「先祖の大臣として仕え奉りし位名を継がんとおもいてある人」と言われており物部氏の復活を考えていました。


■秦氏
平安京の内裏のあったところは秦河勝の邸宅があったところで紫宸殿の左近の桜、右近の橘も邸宅にあったという伝承がある。


■田辺史
百済系渡来系豪族で、藤原不比等は壬申の乱の時に少年期で避けるために山科の田辺史大隅のもとで養育された模様。不比等の名前は史(ふびと)からとった。黒作懸佩刀という刀があり草壁王子→不比等→文武天皇→不比等→聖武天皇と伝来し皇位を象徴する刀になっていた。本来は父から子だが早世したために不比等が中継ぎをした。

|

« べらぼうくん | トップページ | 江戸のヒット仕掛け人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« べらぼうくん | トップページ | 江戸のヒット仕掛け人 »