« 5G | トップページ | 合戦の日本史 »

2022/03/20

地形で読みとく都市デザイン

 【書 名】地形で読みとく都市デザイン
 【著 者】岡本哲志
 【発行所】学芸出版社
 【発行日】2019/09/25
 【ISBN 】978-4-7615-2715-0
 【価 格】2500円


■神田明神
神田明神はもともと柴崎村にあり。安房国から東京湾を渡って移住してきて安房神社の分霊を祀っていました。これが神田明神になっていきます。


■日野用水
開削したのは北条氏照(滝山城主)


■桑折
福島県にある桑折(こおり)が伊達氏の発祥の地


■潮位差
瀬戸内海-広島4m
太平洋ー東京、鹿児島2.3m
日本海-新潟、境港0.3m ※伊根に舟屋が可能に


■枝折(しおり)城
醒ヶ井駅から1kmほど山に入ったところに土肥氏が築城。関ヶ原の戦いでは西軍についたために鳥取に落ち延びることに。この時に資産や記録を寺社に寄進していったため記録が残っています。


■首都高
高速道路の下に店舗を入れ込むことで、家賃収入で高速道路の運営ができました。

|

« 5G | トップページ | 合戦の日本史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5G | トップページ | 合戦の日本史 »