« 起業の天才 | トップページ | 三重のトリセツ »

2022/02/04

イケズな東京

 【書 名】イケズな東京
 【著 者】井上章一、青木淳
 【発行所】中公新書ラクレ
 【発行日】2022/01/10
 【ISBN 】978-4-12-150751-8
 【価 格】840円


■東京
西東京市-東京は本来は東の京の意味だったのが普通名詞になってしまう。本来は西の東の京という変な意味になっています。甲子園代表に東東京代表という変なものもあります。


■東京遷都
遷都令は出ておらず離婚届は出ていない状況。ただ離婚は成立しているようで関東大震災の時に天皇が東京を脱出するという噂が流れた時に帝都は移動させないという天皇の署名を添えた詔書が出ています。


■街並みの美学
日本ー自分の都合でデザインを決めるためバラバラのビルが建つ
   仕事場と住居が別々になってコミュニティが希薄に
ヨーロッパー外観は街のものという考え方が強い


イギリスの建築家が道頓堀を見た時に「ここは何をやってもいいとろこなのか」


■イタリア
1943年7月19日にローマが連合軍の空爆を受けた翌日いイタリアの参謀本部は連合国への休戦申込を行います。コロッセオなどを焼いてもよいのかという思いが強い
東京-連合国の空爆に3年4ケ月持ちこたえる-後世に建築を残すような意識が低かった

|

« 起業の天才 | トップページ | 三重のトリセツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 起業の天才 | トップページ | 三重のトリセツ »