« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022/02/26

鎌倉殿と13人の合議制

 【書 名】鎌倉殿と13人の合議制
 【著 者】本郷和人
 【発行所】河出新書
 【発行日】2022/01/20
 【ISBN 】978-4-309-63141-7
 【価 格】810円

備後守の官職をもらうと息子は備後太郎、備後次郎、備後三郎となります。備後三郎に子供ができると備後守の官職を買えないので三郎太郎、三郎次郎になります。

■宇都宮
日光山には天台宗の寺院が置かれていて、その神域の日光山の麓にあったのが「現(うつつ)の宮」で、これが宇都宮の語源になります。宮の宰者が宇都宮市になります。

■八幡太郎義家
奥州藤原氏を滅ぼした時に源義家の伝説が残る厨川も関東の武士を勢ぞろいさせ源頼朝は源氏の成功を追体験させました。義家は関東における源氏の基盤作りに貢献しましたが続いた息子などがぼんくらでした。源義朝が自分に従う武士を生き連れて対抗勢力と対峙したために関東に勢力圏を回復することができました。

■武士とは
国司が4年の任期の間に大狩りという巻狩りを行いました。ここに正式に招待されて出席するのが武士だったようです。お上に認められて武士になりました。

■小早川
頼朝を石橋山の戦い時代からずっと支えたのが土肥実平。ところが北条時政にそそのかされて曾我兄弟の仇討の裏側にあったクーデターに加担したようです。土肥の子孫は早川荘の早川を名乗るようになり、やがて安芸に移って、小早川となります。

| | コメント (0)

平安京の下級官人

 【書 名】平安京の下級官人
 【著 者】倉本一宏
 【発行所】講談社現代新書
 【発行日】2022/01/20
 【ISBN 】978-4-06-527031-8
 【価 格】940円


■焼尾荒鎮(しょうびこうちん)
唐や宋で進士に及第した時に開く酒宴のことで日本でも平安時代に任官試験に合格すると行われていた。禁令も出されたが形を変えて現在まで続いている。


■小野道風
三蹟の一人と名高い小野道風ですが、四位に叙されてから長年、任官されていないという文章を出しています。効果はありませんでしたが、明文として本朝文粋に採用されました。


■番長
右近番長-番長というのは官人としては最下級の地位で兵衛や近衛などの舎人をまとめて率いる役で、これが不良集団の長を番長と称する語源となります。


■とりばみ
宴会の料理の残りを庭に投げて下司や下人に拾わせて食べさせる風習で、施餓鬼に近い功徳のようなものでしたが、これが闖入をまねくことになります。


■疫病対策
平安人も科学的で蜜を避ける、移動を避ける、異国人との接触を避けるという基本的なことを行っていました。


■牛車
穢れを避けなければなりませんが路上に死体が放置される状況を避けるために貴族が牛車に乗っていたという説もあります。

| | コメント (0)

2022/02/19

行動経済学

 【書 名】行動経済学
 【著 者】阿部誠
 【発行所】新星出版社
 【発行日】2021/03/25
 【ISBN 】978-4-405-12011-2
 【価 格】1200円


■意思決定 二重過程理論ー2つの思考パターンを使い分ける
ヒューリスティック-過去の経験などをもとに瞬時に判断 メニューを選ぶときなど
システマテッィク-熟考


■興味のあることだけを聞こえる
選択的知覚-意識している対象のみ注意をむける
カクテルパーティ効果ー喧噪のなか相手の話が聞ける
           自身が対象者と認識させるナッジ-「今年がん検診を受診しないと検査キットをお送りできなくなる」損をしている気になる


■代表性ヒューリスティックー典型的なものだけを見て全体も同様であると結論づける
少数の法則ーサンプル数が少ないのに信じる
初頭効果ー一番最初のよい印象が残り続ける
ピークエンドの法則-絶頂時と最後が思いで全体に対する印象を左右するー退職時の印象が重要


■固着性ヒューリスティックー自分の考えや思い込みに固着して肯定的な情報を集めること
フレーミング効果ー満足度90% > 10人に1人は満足できない
         わが社が生き残る可能性はゼロではない > わが社が生き残る可能性はわずかだ
         タウリン1000mg配合 > タウリン1g配合
         全品100円 > 120円の2割引
アンカリング効果-希望小売価格10万円(アンカー)がなんと7万円
         自分が請け負う大量の仕事を示し(アンカー)てから一部を手伝ってもらうように頼む
極端の回避効果-2択より3択の方が選ばれやすい 人は極端を嫌う


時間的選考ー将来よりも現在を重視 今日1万円もらえる > 1年後に2万円もらえる
同調効果(バンドワゴン効果)-赤信号、みんなで渡ればこわくない
ヴェブレン効果-人より高い買い物で満足感 ブランドバッグなど


徳よりも損を重く感じる 絶対に100万円もらえる > 50%の確率で200万円もらえる
            絶対に600万円もらえる > 200万円か1000万円どちらか50%でもらえる
ハウスマネー効果 働いて稼いだお金は大事に使うが 転がり込んできたお金は荒く使いがち

| | コメント (0)

2022/02/13

京阪神スリバチの達人

 【書 名】京阪神スリバチの達人
 【著 者】新之介
 【発行所】昭文社
 【発行日】2021/11/01
 【ISBN 】978-4-398-14763-9
 【価 格】1650円


■六甲山
六甲山の標高500mの奥地にMa-1という100万年前に大阪湾の海の底に溜まった泥の地層があり、同じものが大阪湾の海面下500mでも見られる。100万年間で1000mとの差ができている。


■天満橋
上町台地の縁が崖になっていて石段の上の公園が摂津国府の比定地になっており石町という町名が国府が転化した説がある


■天王寺城
学園坂には蟲谷と呼ばれる谷があり、原田直政によって砦が作られ、谷が堀の役割をしていて月江寺が砦跡といわれている


■吉田山
花折断層は滋賀県水越峠付近から50kmぐらい活断層が続いていて吉田山が末端のターミナルバジルという珍しい地形になっている。


■蹴上
源義経が馬に乗った平家一団とすれ違った時に馬が泥水を蹴り上げて義経の衣服を汚したことから争いになり9人を切り捨てたことからきた地名


■伏見城御舟入跡
指月伏見城が倒壊した後に造られたのが木幡山伏見城で宇治川からつながる川港(舟入)があった。千姫が秀頼に輿入れするために、ここから出発した模様。昭和40年代までため池が残っていた。


■御影城(平野城)
摂津国兎原郡の郡衙があった模様。室町時代には源頼政の子孫である平野忠勝が御影の山上に平野城(御影村城)を構える。西は石屋川、新田川を東は深田池や天神川などを堀にして台地の上に城が造られた。

| | コメント (0)

2022/02/11

歴史家の案内する大阪

 【書 名】歴史家の案内する大阪
 【著 者】仁木宏・般下徹
 【発行所】文理閣
 【発行日】2021/10/20
 【ISBN 】978-4-89259-890-6
 【価 格】1800円


■四天王寺
西側は上町台地の崖、南は河堀と呼ばれる幅の広い低地が拡がっていたため北と東を守るために戦国時代は堀と土塁が整備されていて発掘調査で見つかっています。


■浜路
天神橋商店街から下寺町(茶臼山近く)まで続く古道で難波京に西京極通りを継承している模様。中世には天神橋の前身となる渡辺橋が重源の勧進によってかけられます。近くには熊野一之王子である渡辺(窪津)王子があった模様。後に茶臼山にある堀越神社に移された模様。


■平野 正覚寺廃寺
旭神社の近くにあったのが正覚寺で畠山国清が開山した模様。足利尊氏、直義が後醍醐天皇や元弘以来の戦没者を慰霊するため夢窓礎石のすすめで全国66ケ国に安国寺を建立したが、この一つが正覚寺の模様。各国の守護の菩提寺などが安国寺として指定されました。畠山義就の重臣である神保氏の館があり、これが正覚寺城でした。百ケ所の矢倉があったと伝わっています。ここで畠山政長が戦死したため墓があります。


■田原レイマン 田原城
天正三年(1575年)に織田信長と対面したのが三箇マンショ、結城ジョアン、田原レイマンとフロイスが記載しています。田原レイマンの墓碑が見つかったのが田原で天正九年、礼幡と記載されていました。三箇マンショは三箇城の城主、結城ジョアンは岡山・砂の領主でした。


■枚方 百済寺
百済寺跡から北に行ったところに禁野本町遺跡公園があり百済寺の北門からまっすぐ行った所にあり斎宮のような街区が整備されていたようです。


■河内源氏
頼朝の祖が河内源氏で羽曳野市の壺井が源流です。源頼信が壺井里を本拠として活躍し藤原道長から受領を歴任し前九年・後三年の役で頼義、義家が活躍。頼義は通法寺と壺井八幡軍を創建します。頼義や義家の墓が残っています。


■日根野荘
関空近くにあるのが日根野。九条家の荘園がありました。戦国時代は武士が侵略してきたため九条政基は老齢ながら家臣を連れて日根野荘に在住して荘園の権益を守りました。

| | コメント (0)

2022/02/09

古代山城へのいざない

 【書 名】古代山城へのいざない
 【著 者】江藤一郎
 【発行所】海島社
 【発行日】2021/10/25
 【ISBN 】978-4-86656-107-3
 【価 格】1700円


白村江の戦いで敗戦したことから北部九州~瀬戸内に山城が造られます。大部分は石垣や版築土塁しか残っていませんが、なかには周囲8kmに及ぶものもあります。続日本紀の文武2(698)年には鞠智城、大野城、基肄城と高安城の修理をしたという記録が出てきます。三野城、稲積城については文武3(699)年に大宰府に命じて築城しています。実際に各地の山城を巡った記録もついています。

| | コメント (0)

三重のトリセツ

 【書 名】三重のトリセツ
 【著 者】昭文社編集部
 【発行所】昭文社
 【発行日】2022/01/01
 【ISBN 】978-4-398-14844-5
 【価 格】1800円


各都道府県シリーズが出ています。


■琵琶湖
大山田湖→阿山湖→甲賀湖→蒲生湖→堅田湖→琵琶湖
100万年前に鈴鹿山脈がおおきく隆起したため滋賀県側に大きく移動します


■鳥羽水族館
4代続く鮮魚問屋でミキモト真珠島へ行く観光客が生け簀の魚の姿に喜んでいるのを見て水族館を作る


■赤須賀船
桑名城の近くで明治時代になって七里の渡しの利用者が減ったので商船(買舞)の運行を始めます。赤須賀船で津、南伊勢、尾鷲、紀北町へ定期的に船を運行していました。


■近鉄デルタ線
伊勢中川駅手前の短絡線で伊勢湾台風で狭軌を広軌に変えた時の2年後の1961年に設置。中川駅のスイッチバックを使わずに大阪と名古屋が結び付きました。


■松阪ー熊野線
三重交通の松阪ー熊野線 約139kmで本州で2番目に長い路線。もっとも長いのは八木―新宮線 167km


■伊勢平氏
平維衡が伊勢守に任じられ孫の正衡(まさひら)は伊賀北部、季衡(すえひら)は北勢で勢力を伸ばし、貞衡は安濃津三郎と名乗って津、桑名、白子の港を支配します。伊賀を中心とした正衡の孫が忠盛で清盛に続き伊勢平氏となります。

| | コメント (0)

2022/02/04

イケズな東京

 【書 名】イケズな東京
 【著 者】井上章一、青木淳
 【発行所】中公新書ラクレ
 【発行日】2022/01/10
 【ISBN 】978-4-12-150751-8
 【価 格】840円


■東京
西東京市-東京は本来は東の京の意味だったのが普通名詞になってしまう。本来は西の東の京という変な意味になっています。甲子園代表に東東京代表という変なものもあります。


■東京遷都
遷都令は出ておらず離婚届は出ていない状況。ただ離婚は成立しているようで関東大震災の時に天皇が東京を脱出するという噂が流れた時に帝都は移動させないという天皇の署名を添えた詔書が出ています。


■街並みの美学
日本ー自分の都合でデザインを決めるためバラバラのビルが建つ
   仕事場と住居が別々になってコミュニティが希薄に
ヨーロッパー外観は街のものという考え方が強い


イギリスの建築家が道頓堀を見た時に「ここは何をやってもいいとろこなのか」


■イタリア
1943年7月19日にローマが連合軍の空爆を受けた翌日いイタリアの参謀本部は連合国への休戦申込を行います。コロッセオなどを焼いてもよいのかという思いが強い
東京-連合国の空爆に3年4ケ月持ちこたえる-後世に建築を残すような意識が低かった

| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »