« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021/12/25

大坂城

 【書 名】大坂城
 【著 者】北川央
 【発行所】新潮新書
 【発行日】2021/12/20
 【ISBN 】978-4-10-610932-4
 【価 格】840円


■大坂の陣
大坂夏の陣の後に残党狩りを命じましたが「古参」は豊臣家の譜代で、主命に従ったもの。「新参」は幕府と戦うために大坂城に入ったと区別しました。この線引きは秀頼が大坂城の山里曲輪で行った豊国大明神の勧請があった慶長18年と幕府では認識していました。


■後藤又兵衛への寝返り工作
不仲になっていた黒田長政との間を取り持ち長政から大幅な譲歩を引き出しましたが大坂城へ入城してしまいました。真田信繁には実績がありませんでしたが後藤又兵衛には華々しい戦歴があったため、幕府はかなりの工作をしていました。


■藪入り
神武東征でナガスネヒコに襲われた時に大竹藪に逃げ込んだことが語源となりますが、家康が平野の陣にいたところを真田信繁に攻められ藪に入って助かったことからという異説があります。家康は実は大坂の陣で討死しており堺の南宗寺にお墓がありますが、賛同したのが松下幸之助。松下を創業した頃にヤクザに絡まれたところを助けたのが水戸徳川家家老の子孫。資金がない松下幸之助に水戸の土地を担保にして幸之助に資金提供します。この恩を忘れず、世界の松下になってから徳川光圀を有名にしたいという願いから「水戸黄門」をナショナル劇場として提供することになります。


■三姉妹の弟
浅井周防守で大坂の陣に参加していました。毛利勝永隊の左先頭を務めていましたが、陣の後は初のいる若狭・小浜に身を寄せていました。京極家は松江、龍野、丸亀と転封されますが浅井周防守は丸亀で亡くなり、丸亀藩士・浅井家として明治まで続きます。


■道頓堀
安井道頓は実在せず、道頓は平野の成安家の人物だったことが判明します。成安道頓は大坂の陣で討死にし、安井久兵衛と平野藤次郎が引き継いで堀を完成させます。安井家はもともとは渋川氏で河内国渋川郡の久宝寺寺を本拠としていました。貞享暦を作った安井算哲は旧姓に戻し渋川算哲としました。


■半ドン
大阪城に置かれている大砲はもともとは天保山台場にあり維新後は大阪城に移り、日に三度、打ち鳴らされる時報に使われました。お昼のドンと言っていたのが午後半日の休みを半ドンというのは、ここからきているというのは大阪の俗説で実際はオランダ語の「ドンターク(日曜、休日)」で半分ドンタークが半ドンになりました。


| | コメント (0)

「節税」の超・裏ワザ

 【書 名】「節税」の超・裏ワザ
 【著 者】根本和彦
 【発行所】SB新書
 【発行日】2021/11/15
 【ISBN 】978-4-8156-1008-1
 【価 格】900円


■税務調査の時期
7月に人事異動があり7月から新しいチームで調査を開始。翌年の人事異動は前年の実績で決まるので7~12月はやる気満タンです。しっかり追徴課税が狙えるとところに入ります。1~6月は消化試合で面倒なところは避ける傾向にあります。情報源として多いのがタレコミ。同業者やパワハラされて辞めて従業員などです。個人事業主、特に売上1,000万円以下は追徴課税といっても大した金額ではないのでスルーされるケースが多いですが、全体でみると個人事業主の1%に調査が行われています。法人は3%です。


■国税総合管理システム KSKシステム
E-Taxや手書きの申告書などが納税情報なども含めて全て、このシステムに入力されます。申告内容が間違っているとエラーが検知されますが納税者には連絡がありません。税額にあまり影響がないからでミスが積み重なって税額に影響があると連絡がきます。


■雑所得
雑所得の赤字は他の所得との損益通算はできませんが、黒字は他の所得の赤字と損益通算ができます。

| | コメント (0)

2021/12/18

北条氏の時代

 【書 名】北条氏の時代
 【著 者】本郷和人
 【発行所】文春新書
 【発行日】2021/11/20
 【ISBN 】978-4-16-6613337-3
 【価 格】900円


■承久の乱
後鳥羽上皇は敗北し戦争放棄、軍備の放棄を宣言します。古代から「武」で権力を維持してきた天皇が軍事に口を出さないと宣言し、武士の時代がはじまることになります。


源平合戦で源氏が手に入れた平家の荘園は約500ケ所でした。承久の乱では6倍になり、西国の武士や貴族の荘園に東国武士が入り鎌倉幕府は地方政権から全国政権になります。


■御成敗式目
律令をもとにした公家の法律がありましたが、ほとんど理解されていないため御成敗式目を制定します。室町幕府や分国法に継承されていきます。条文には20年間、土地を占有したものは、いくら元の所有者が訴えても返す必要がないとあります。これは現在の民法でもいきています。


追加法が出てくると雑しょうと呼ばれる専門職が出てきて、いわば法定弁護人になります。人脈をたどって依頼主に有利になる判例や法律を見つけ出してきます。また裁判には時間がかかり十六夜日記は鎌倉へ出て幕府に訴える道中の日記ですが、判決が出る前に鎌倉で亡くなっています。

| | コメント (0)

2021/12/11

倭寇・人身売買・奴隷の戦国日本史

 【書 名】倭寇・人身売買・奴隷の戦国日本史
 【著 者】渡邊大門
 【発行所】星海社新書
 【発行日】2021/11/24
 【ISBN 】978-4-06-526421-8
 【価 格】1100円


■辻子(図子)
中世に新しく開発・造成された小路のことで遊女街が形成されたところもありました。


■安土のセミナリオ
3階建ての和風建物で土地は信長が提供。安土城と同じ青い瓦が使われていました。オルガンティノは高山右近に頼んで入学者を集め30名ほどが学んでいましたが本能寺の変で安土城が燃えると他の場所に移転。


■秀吉
私戦を禁止する総無事令と同時に人身売買禁止の令を出しています。ポルトガル商人が日本人を奴隷として売買しており宣教師も黙認していたことからバテレン追放へとつながっていきます。


■文禄・慶長の役
大名は自前で出陣せざるを得ず、農民も徴用されました。そうなると耕作する人がおらず年貢に影響を及ぼすため朝鮮人を日本へ連行することが行われました。

| | コメント (0)

地形で読む日本

 【書 名】地形で読む日本
 【著 者】金田章裕
 【発行所】日経BP
 【発行日】2021/11/08
 【ISBN 】978-4-532-26467-3
 【価 格】950円


■保良京
孝謙天皇が造営した北京が保良京を761年に設立。瀬田川の上流にあり田原道が通っていました。藤原仲麻呂の乱では藤原仲麻呂が近江国府に入ろうとした時に孝謙上皇軍が田原道を先回りして瀬田橋を落としたことで阻止します。保良京の場所は関津遺跡と言われています。


■堺
秀吉の時代に堀が埋め立てられ、商人は大坂への移住がすすめられ、大坂夏の陣には焼き討ちされました。

| | コメント (0)

2021/12/05

史書を旅する

 【書 名】史書を旅する
 【著 者】読売新聞文化部
 【発行所】中央公論新社
 【発行日】2021/10/25
 【ISBN 】978-4-12-005468-6
 【価 格】2200円


■新田義貞
金ケ崎城を落とされた時に新田義貞は援軍を得るために不在でしたが、すぐに再起し杣山城を拠点にして足利勢を国外に駆逐しますが、流れ矢にあたり落命します。


■前方後円墳
江戸時代の儒学者である蒲生君平が「山稜志」で方形部を前、丸い部分を後とする見方をして、これが前方後円墳という言葉となりました。


■長屋王
727年に聖武天皇と光明子との間に生まれた男の子(728年に死去)を生後すぐに異例の速さで皇太子にした時にお祝いの顔ぶれに長屋王が入っておらず、長屋王と聖武天皇との間に隙間風がふいていたことも長屋王の変に影響していたようです。

| | コメント (0)

福沢諭吉が見た150年前の世界

 【書 名】福沢諭吉が見た150年前の世界
 【著 者】武田知弘
 【発行所】彩図社
 【発行日】2021/07/21
 【ISBN 】978-4-8013-0536-6
 【価 格】1650円


明治維新前に3回も洋行していたのが福沢諭吉です。


横浜-上海ーシンガポールーセイロンーアデンースエズ 地中海へ出てフランスのマルセイユかイギリスのサウスアンプトンへ着く
香港、上海ー横浜ーサンフランシスコーパナマーニューヨーク
横浜からヨーロッパへ行く時に一等だと6000万円ほどかかりました。


香港発アメリカ、ヨーロッパ行きは年4便の船便でしたが、月1,2回に便が増えるようになりました。


■メキシコ・ドル
アメリカ・ドルはメキシコ・ドルを真似して作られたほどの世界通貨でした。メキシコ・ドル1枚が一分銀3枚に該当しました。お金を現金でもっていくのではなく、当時は為替を使う形でした。横浜や長崎の支店にお金をもっていくと為替証書が発行されるのでロンドンの本店へ持っていくと正金になりました。


■オムニバス
すべての人のためにというラテン語が元。近代になって乗合馬車の意味となり、バスの語源になりました。


■醤油
海外視察で行燈など、いろいろな物を持っていきましたが、ほとんどは使いじまい。ただ醤油はよく使い。残りが少なくなりオランダで50本を購入しましたが、オランダでは醤油を売っていました。


■書籍では調べられないものだけを現地で知る
病院や銀行のシステムがどうなっているのか西洋では当たり前なので書籍には記載されていません。西洋では当たり前にことをひとつずつ聞き出して日本へ導入していきました。


■咸臨丸
咸臨丸がサンフランシスコに来た時に歓迎をどうするかという話になり、話がすすまないのでキャプテン・ブルックが義勇兵団に声をかけ、皆が軍服を着て歓迎しました。福沢諭吉が初めてアメリカに行った時に中浜万次郎とウェブスター辞書を1冊ずつ買ってきました。これがウェブスター辞書の輸入第一号でした。

| | コメント (0)

武田三代

 【書 名】武田三代
 【著 者】平山優
 【発行所】PHP新書
 【発行日】2021/09/28
 【ISBN 】978-4-569-84986-7
 【価 格】1320円


副題は「信虎・信玄・勝頼の史実に迫る」です。


■武田信玄
法度の末尾に「晴信の行いが、この法度に違反していると考えたならば、身分を問わず目安で訴えよ。その時は自分にも覚悟がある」と明記されていて異色です。法度は広く知られており写本がいろいろなところで見つかっています。多くの戦国法が守秘義務で限られた家臣しか流布しないと比べても異色です。


第二次川中島合戦では弓800張、鉄砲300挺を含む援軍3000を出しており鉄砲もきっちり装備していました。


■足利義昭
足利義昭の上洛。信玄、信長、家康で武田氏の今川攻めの密約ができます。これは越後の上杉謙信にも伝えられていました。足利義昭は上洛の手助けをしてくれる信長と対抗している今川を事実上、切り捨てたことになります。


織田・徳川連合軍が三方ヶ原で大敗したことで動揺します。信玄に信長と和睦するように使いを送りますが無視され、反対に信玄は信長を廃して義昭に天下静逸に協力すると言ってきました。信玄に和睦をうながしましが一方で京都を退去する準備をしていたのを信長が十七ケ条の意見書を送ってきます。信長の失策で追い詰められているのに、どういうことだと義昭は思い、ここから不和になっていきます。


■武田勝頼
長峰砦跡から見つかった弾は中国からの渡来銭と成分が同じで銅銭を材料にしていました。信長が大湊の商人に圧力をかけ経済封鎖を行っていました。信玄と家康で奥三河の争奪戦が行われましたが理由の一つが銅山だったようです。長篠城ちかくの睦平鉛山の銅で作られた弾が長篠古戦場から出ています。


高天神城の後詰にいけず、落城したことで信頼が落ちますが、信長の心理戦勝でした。勝頼と和睦交渉していましたが、これは交渉を長引かせて時間稼ぎする意図がありました。


勝頼は諏訪家の跡取りだったはずが、思いがけず信玄の後釜となり、苦労しながらも版図を拡げた優秀な武将だったようで、信長も高く評価していました。

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »