« 教科書に載せたい日本史、載らない日本史 | トップページ | 新聞記者、本屋になる »

2021/10/09

超入門ブロックチェーン

 【書 名】超入門ブロックチェーン
 【著 者】森川夢佑斗
 【発行所】MdN新書
 【発行日】2021/08/11
 【ISBN 】978-4-295-20194-6
 【価 格】891円


サトシ・ナカモトの論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」からスタートしたブロックチェーンです。ブロックチェーンというと暗号資産のイメージがありますが、本質は不正を許さないメカニズムであり、いろいろと用途が拡がっています。


リーマン・ショックの後に論文が発表されましたが最初に刻まれたトランザクションには「ザ・タイムス 2009年1月3日 英財務大臣が銀行救済のため二度目の公的資金注入の瀬戸際にいる」という趣旨の文章が刻まれており、法定通貨に対するアンチテーゼとして生まれたようです。


お金とは「誰かが受け取ってくれることを前提に流通する引換券」のようなもの。「今日の約束が明日果たされることをお互いに信用する」ことから貝殻が最初の通貨となりツケという信用取引の考え方ができます。約束や信用を通じて「今、目の前にないものを交換する」というところからスタート。

|

« 教科書に載せたい日本史、載らない日本史 | トップページ | 新聞記者、本屋になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教科書に載せたい日本史、載らない日本史 | トップページ | 新聞記者、本屋になる »