« 江戸の旅行の裏事情 | トップページ | DX時代に考えるシン・インターネット »

2021/10/25

マンガでわかる考古遺跡ワーク・マニュアル

 【書 名】マンガでわかる考古遺跡ワーク・マニュアル
 【著 者】今井しょうこ
 【発行所】創元社
 【発行日】2021/09/20
 【ISBN 】978-4-422-20166-5
 【価 格】1,400円


遺跡発掘をしているところをたまに見るのですが、どんな人たちが関わっていて何をやっているかについてマンガで解説しています。作業に入る時は製造業と同じように「今日もご安全に」と声を掛け合っています。


■考古学の元祖は水戸光圀
元禄5年(1992年)に栃木県の侍塚を発掘し、記録、復元、保存まで行っています。本格的調査は大森貝塚を発見したモースからになります。


■レジメルト
形が変わっても元の特徴が受け継がれていること。土をいれる箕は、もともと竹やワラで編まれていましたがプラスチックになっても自然素材でできていた頃の模様がついています。

|

« 江戸の旅行の裏事情 | トップページ | DX時代に考えるシン・インターネット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸の旅行の裏事情 | トップページ | DX時代に考えるシン・インターネット »