« 天正伊賀の乱 | トップページ | 国民のための経済と財政の基礎知識 »

2021/07/13

変わる日本史の通説と教科書

 【書 名】変わる日本史の通説と教科書
 【著 者】本郷和人
 【発行所】宝島社新書
 【発行日】2021/06/24
 【ISBN 】978-4-299-01694-2
 【価 格】990円


■仁徳天皇陵
世界最大の面積といわれていますがイギリスの新石器時代の墳墓の中には長さ500mを超える土手状のものがあるそうです。近年の研究では上石津ミサンザイ古墳、仁徳天皇陵、田出井山古墳の順に造られ日本書紀では仁徳天皇陵、反正天皇陵、履中天皇陵の順に造ったとあり、それでいけば反正天皇陵の確率が高くなります。


■皇紀
60年が基本となり21回暦が回ってきた時の辛酉の年は大革命が起きるとという説があり、これで起源前660年に神武天皇が即位したことになります。太平洋戦争直前の1941年が皇紀2600年となり、ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスに管弦楽曲の作曲依頼をしました。

|

« 天正伊賀の乱 | トップページ | 国民のための経済と財政の基礎知識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天正伊賀の乱 | トップページ | 国民のための経済と財政の基礎知識 »