« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021/05/29

秀吉の播磨攻めと城郭

 【書 名】秀吉の播磨攻めと城郭
 【著 者】金松 誠
 【発行所】戎光祥出版
 【発行日】2021/05/10
 【ISBN 】978-4-86403-385-5
 【価 格】2600円


図説日本の城郭シリーズ16です。別所長治は最初、信長に従い関係もよかったのですが別所家内の権力抗争などから離反することになります。別所長治の三木城とたくさんの付城群や長土塁が解説されています。

| | コメント (0)

信長家臣 明智光秀

 【書 名】信長家臣 明智光秀
 【著 者】金子拓
 【発行所】平凡社新書
 【発行日】2019/10/15
 【ISBN 】978-4-582-85923-2
 【価 格】840円


■姉川の戦いの後の信長軍の布陣
横山(木下秀吉)、佐和山(丹羽長秀)、長光寺(柴田勝家)、安土(中川重政)、永原(佐久間信盛)、宇佐山(明智光秀)


■光秀の妻
妻木氏出身と言われていますが、吉田兼見のところへ惟向妹の妻木が伊勢参宮について尋ねている記事があり確かなようです。


■丹波
信長はまず細川京兆家当主の信良の旧守護にまかせたようです。

| | コメント (0)

最新の日本史

 【書 名】最新の日本史
 【著 者】河合敦
 【発行所】青春新書
 【発行日】2021/05/15
 【ISBN 】978-4-413-04618-3
 【価 格】980円


■う野讚良(うののさらら)野望説
天智天皇から大海人皇子への皇位継承は群臣も支持していており、大海人皇子が天皇になった後の後継者が葛野王、大津皇子。草壁王子、う野讚良で天智天皇と大海人皇子にとっても悪い選択肢ではなかったようです。なぜ壬申の乱が起きたのか、自分の子供である草壁王子を確実に即位させるために大海人皇子をけしかけたのではという説があります。


ところが草壁王子が若く亡くなってしまい、文武天皇へ皇位を継ぐために中継ぎとして持統天皇が誕生します。アマテラスを守護神と考えていたようで、歴代の大王が代替わりすると宮を移しましたが、藤原京からはなくなります。その代わりに伊勢神宮の遷宮が行われるようになったという説があります。持統天皇は斎王制度をやめて自らが伊勢神宮へ行幸しますが、これは自らがアマテラスとして振舞うことを報告し許しをもらうためだったようです。


■大津浜事件
文政7年(1824)、大津浜(北茨城市)にイギリスの捕鯨船がやってきます。水戸藩で対応にあたったのが金沢正志斎はフェートン号事件を念頭にイギリスは侵略を考えているのではと考えます。そこで書き上げたのが「新論」で。これが尊王攘夷論の根幹となっていきます。


■日露戦争
国家予算の5年分の戦費がかかり強制的に住民が国債を買わされ破産する住民が出ます。またマスコミが戦勝の誇大ニュースを載せると新聞がよく売れるため毎回、ロシア軍に勝っていると書きたてました。国民も報道を信じていました。これが日比谷焼き打ちち事件へとなっていきます。講和を支持したのが徳富蘇峰の国民新聞だけで、群衆に襲撃されることになります。日露戦争前から反戦的だった万朝報は急激に部数を減らしたため主戦論に途中で切替ます。

| | コメント (0)

2021/05/22

旅行業界グラグラ日誌

 【書 名】旅行業界グラグラ日誌
 【著 者】梅村達
 【発行所】朝日新書
 【発行日】2021/05/31
 【ISBN 】978-4-02-295121-2
 【価 格】810円


■バスの添乗員
春、秋が旅行シーズンになるため旅行会社で常勤で雇うわけにいかず添乗員専門の派遣会社からになります。シーズンになるとバス3台になる時があり、業界では台数口といいます。


「ゴーショウ」参加者名簿にない人が集合場所に現れること
「ノーショウ」名簿にのっている参加者が集合場所に来ないこと


日帰りバス → 宿泊バスツアー → 新幹線、飛行機を使った宿泊ツアー → 海外ツアー とステップアップしていきます。


■「人生100年時代の生き方健康学」(佐藤富雄、産能大学出版部)に出てくる言葉
人が最初に手に入れなければならなう資産は「楽天的にものを考える習慣」だ


伴侶に先立たれた男性-叱ってくれる人がいなくなったと嘆く
伴侶に先立たれた女性-今が一番いい、セーセーしてる
川柳「最近の 妻のおどしは さき逝くで」

| | コメント (0)

2021/05/19

旅する歴史家

 【書 名】旅する歴史家
 【著 者】河合敦
 【発行所】新潮文庫
 【発行日】2019/02/27
 【ISBN 】978-4-86311-214-8
 【価 格】1000円


■ハワイ移民
1881年、世界一周の旅に出たハワイ王国のカラカウア王が日本に立ち寄り、明治天皇と会いプランテーションの労働力として移民の派遣を要請したのがきっかけ。江戸時代にはアメリカの捕鯨船に助けられた漂流民がサトウキビ農園で働いていた記録も残っています。


1941年にはハワイ人口の40%が日本人移民と子孫の日系人になった時に起きたのが真珠湾攻撃。そこでとった行動がアメリカのために戦う志願。第442連隊が編成されヨーロッパ戦線で戦いました。アメリカで社会的信用を取り戻し、ホノルル空港の正式名称はダニエル・K。イノウエ国際空港となっています。戦地で戦い片腕を失いながら、その後、50年にわたって議員を務めた人物です。


■監修本
ライターの書いた原稿を監修する必要がありますが、通常は名前を貸すだけで丁寧に監修することは珍しいそうです。筆者が監修した時にウィキペディアの丸写しをするライターがいて質が落ちたものです。

| | コメント (0)

2021/05/15

パルプ・ノンフィクション

 【書 名】パルプ・ノンフィクション
 【著 者】三島邦弘
 【発行所】河出書房新書
 【発行日】2020/03/20
 【ISBN 】978-4-309-02868-2
 【価 格】1800円


ミシマ社という小さな出版社の物語。companyとはcom(一緒)にpanを食べるが語源。


■出版状況
1996年がピーク(2兆6~7000億円)で2019年は半減(1兆2360億円)
1999年に2万3000店あった書店が1万1000店に


■増刷単位
1500部が基本。本体価格1500円の本を100部オフセット印刷すると原価率が90%になる。

| | コメント (0)

内側から見た「AI大国」中国

 【書 名】内側から見た「AI大国」中国
 【著 者】福田直之
 【発行所】朝日新書
 【発行日】2021/04/30
 【ISBN 】978-4-02-295124-3
 【価 格】850円


■ブロックチェーン
2018年8月~深せん市でブロックチェーンを使った電子領収書を発行。ウィーチャットから領収書発行システムに入って入力すると深せん市税務局の印鑑入り電子領収書が届く仕組み。


■信用システム
性悪説が根強いため個人の信用を見える化することでビジネスがしやすくなる。個人情報に関する感覚が違っていて衣食住を満足させてくれれば、庶民は政府を支持してきた経緯もあります。人事タンアンという制度があり、中国には国民一人ひとりの生涯の経歴や賞罰などを記録し、行政が管理されている面もあるため。個人情報は誰かに見られるものだという意識が強い。


■ファウンドリー
TSMCなど受託生産専門の会社がシェアを伸ばしていますが、日本でもできるチャンスがありましたが製造のみを請け負う分業に対する偏見があり、日本だと「なんだ作るだけか」という評価になります。


■6割法則
他の新興国がアメリカの国力の6割に追い付いた時点で必死に振り落とし作成にかかる。日米半動摩擦などがあり、現在は中国が標的になっています。


■アリババ
アント 少額融資のレバレッジで与信判断はアントが行い、提携金融機関がローンを提供。コロナ禍で返済延滞率があがっており、リスクを把握した金融当局は規制準備に入っていた。規制強化されると市場からの評価が台無しになりかねないと考えマー氏が乾坤一擲の牽制に出たのが、あの演説ではないかという説があるそうです。


マー氏の発言、本物のイノベーションには道案内してくれる人などいない。過ちを起こした時にしっかり修正できるかが重要でリスクを冒さないイノベーションはイノベーションを扼殺することで、リスクのないイノベーションは、この世の中に存在しない。

| | コメント (0)

女武者の日本史

 【書 名】女武者の日本史
 【著 者】長尾剛
 【発行所】朝日新書
 【発行日】2021/04/30
 【ISBN 】978-4-02-295122-9
 【価 格】850円

■神武天皇
日本書紀には皇軍を2つに分けて女坂には女軍を置き、男坂には男軍を置くと規定しています。古代から戦国時代にかけて女性が戦うことが当たり前だったようです。

■池田せん
池田恒興の娘です。天正11年(1583)、賤ヶ岳の戦いの際、岐阜城を戦場になった時、なぜか味方である織田信雄軍に200名の女性で構成された鉄砲隊を率いて鉄砲を撃ちかけていました。山崎の合戦、小牧・長久手の戦いでも戦っていました。

■常山城の女軍
毛利側だった備中の三村家が織田信長側に寝返ったことから毛利に攻め込まれます。最後に残ったのが常山城で落城寸前で一矢報いようと鶴姫と34人の侍女軍が突撃。毛利方の乃美宗勝は一騎打ちを挑んできた鶴姫を討ち取られるより城へ帰って自害するようにすすめた逸話が残っています。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »