« 殿様は「明治」をどう生きたのか | トップページ | 腰ぬけ愛国談義 »

2021/04/20

DXとは何か

 【書 名】DXとは何か
 【著 者】坂村健
 【発行所】角川新書
 【発行日】2021/04/10
 【ISBN 】978-4-04-082339-3
 【価 格】900円


■DXとは
Digital Transformationの略。英語圏では「Trans」を省略する時にXとするためDXとなる。2004年にウメオ大学(スウェーデン)のエリック。ストルターマン教授が使ったのが初めてと言われている。


最近、流行っているRPAはDXではなくルーティンワークの自動化にすぎない。仕事のやり方を見直してネット連携できるシステムに変えればRPAは不要になる。


■オープン化
グーグルはAIに関するAPIをオープンしたため他の会社もせざるをえなくなりアマゾンやマイクロソフトもオープン化している。そのたま画像認識で始まったニューラルネットワークが音声処理や自然言語処理へと広がっている。ただし検索システム自体は公開しても、ページ内の類似性判断に用いているナレッジグラフ(グラフ型の知識情報)の集積という情報は門外不出。


■クラウド
2019年8月23日、アマゾン東京地区でサービスが6~10時間、ストップしPayPay等が停止したがオンプレミスでは障害が日常茶飯事。クラウドの事業継続性の方が高い。


■機能安全
ある程度、複雑になったシステムには絶対安全はないため出てきた考えが「機能安全」。システムに100%が求められないので、きちんと運用していなら大丈夫だろうというプロセス認証で、これがISO9000などになる。食の世界ではHaccpで、日本には流通から苦労して生魚を食べる鮨の文化などを阿吽の呼吸で生み出してきたが、牛肉ユッケ問題など伝統にないことをはじめ問題が増えてきたため意識改革が必要になっている。

|

« 殿様は「明治」をどう生きたのか | トップページ | 腰ぬけ愛国談義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 殿様は「明治」をどう生きたのか | トップページ | 腰ぬけ愛国談義 »