« 立花宗茂 戦国「最強」の武将 | トップページ | 江戸の備忘録 »

2021/02/02

僕らのAI論 9名の識者がかたる人工知能と「こころ」

 【書 名】僕らのAI論 9名の識者がかたる人工知能と「こころ」
 【著 者】森川幸人
 【発行所】SBクリエイティブ
 【発行日】2019/06/25
 【ISBN 】978-4-8156-0299-4
 【価 格】1,000円

■アフォーダンス
カップを手にした時、触覚からフィードバックされる情報をもとに無意識のうちにコーヒーカップとの付き合い方を理解します。この関係性をアフォーダンスと呼びますが、人間はカップのようなモノ全体に拡張して応用できます。

■コーヒーテスト
スティーブ・ウォズニアックが提唱するチューリング・テスト。「初めて入る友達の家でAIはコーヒーをいれられるか」というテストです。自分がどんな部屋にあるか認識し、コーヒーメーカーや豆、カップがどこにあるか探し出し、コーヒーメーカーを起動させなければなりません。場所を聞くのにコミュニケーション能力も必要です。こうした事象を言葉として表現することを「記号着地問題」といいます。

■アルファ―碁Zero
アルファ―碁がプロ棋士を破って話題になりましたが、さらに進化しておりアルファ―碁Zeroは教師データなしで囲碁のルールも教えられず試行錯誤して3世代前のアルファ―碁を破っています。これがさらに進化しアルファ―Zeroは囲碁だけでなくチェスや将棋など2人対戦のゲームに対応できるようになっています。

■エンターティメントの基本
心理的な緩急をつけることで、ずっとゲームで緊張させるのではなく、時には敵を引いてリラックスさせることが必要です。ユーザーの緊張度を指標としながらゲームをコントロールするのがAIディレクターです。

|

« 立花宗茂 戦国「最強」の武将 | トップページ | 江戸の備忘録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立花宗茂 戦国「最強」の武将 | トップページ | 江戸の備忘録 »