« 古典籍の世界を旅する お宝発掘の目利きの力 | トップページ | ざんねんな日本史 »

2021/02/09

京都一乗寺 美しい書店のある街で

 【書 名】京都一乗寺 美しい書店のある街で
 【著 者】大石直紀
 【発行所】光文社文庫
 【発行日】2020/12/20
 【ISBN 】978-4-334-79129-2
 【価 格】680円


一乗寺商店街にあるのがイギリスのガーディアン紙で「世界で一番美しい十の書店」に選ばれた恵文社。実在します。フィクションですが、この実在する恵文社をキーワードとしたミステリー4作で構成されています。


「追憶の道」では一乗寺商店街をずっと東に行ったところにある狸谷山不動院が異界の入口のような場所として描かれていますが、狸谷山不動院の一番奥にある階段を上がって山を登っていくと北白川城跡に到達でき、本当の異界のような雰囲気です。

|

« 古典籍の世界を旅する お宝発掘の目利きの力 | トップページ | ざんねんな日本史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古典籍の世界を旅する お宝発掘の目利きの力 | トップページ | ざんねんな日本史 »