« ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と空白の時 | トップページ | 不道徳な経済学 »

2020/09/13

日本史の定説を疑う

 【書 名】日本史の定説を疑う
 【著 者】本郷和人、井沢元彦
 【発行所】宝島社新書
 【発行日】2020/07/09
 【ISBN 】978-4-299-00546-5
 【価 格】1100円


■宇佐神宮
一之御殿 応神天皇、二之御殿 比売大神、三之御殿 神功皇后ですが、真ん中にくるのが比売大神で宗像三女神と言われていますが井沢元彦氏によれば、これこそ卑弥呼ではないかという説です。卑弥呼は名前ではなく称号で、名前を知られたら呪いなどがかけられると思われた時代です。


■和
聖徳太子の「和を以て貴しとなす」。怨霊が発生するのは負け組が発生するからで、話し合い絶対主義という予防装置となりました。


■桓武天皇
大王自体が戦いましたが、桓武天皇の時代から部下を征夷大将軍に任じ、刀を持たずに汚れ仕事を武士に任せるようになります。軍事政権が幕府の形で分業になっていきます。実際には大政奉還で軍事だけでなく政治も朝廷に返却されました。大政奉還とセットになっていたのが版籍奉還で本来は天皇の元にあった土地と人民が江戸時代まで幕府にあったことになります。


■赤穂義士
赤穂義士に切腹を命じましたが、主君のための名目のためなら幕府の法を無視してもかまわないという宣言と同じでした。幕府の法を超える正義があるということで明治維新へと続いていきます。


■孝明天皇毒殺説
薩摩や長州では天然痘の感染に関する知識がありました。そこで保菌者を送り込んだ細菌テロが行われたのではないかという説があります。次期天皇となる明治天皇は種痘を受けており感染することはありません。穢れを嫌っていた孝明天皇は種痘を受けていませんでした。

|

« ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と空白の時 | トップページ | 不道徳な経済学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と空白の時 | トップページ | 不道徳な経済学 »