« 清須会議 | トップページ | 2020年6月30日にまたここで会おう »

2020/09/05

邪馬台国は別府温泉だった

 【書 名】邪馬台国は別府温泉だった
 【著 者】酒井正士
 【発行所】小学館新書
 【発行日】2020/08/04
 【ISBN 】978-4-09-825376-0
 【価 格】840円

副題が「火山灰に封印された卑弥呼の王宮」。1里=77m、1000里=77キロと方向を考えて魏志倭人伝を元に考察しています。対馬海流があるので馬山から加徳島(かどくど)を経由して対馬へ。上対馬町の入江に着いて壱岐へ渡ります。次の末蘆国が問題で呼子あたりを想定していますが、これでは距離があいません。想定しているのが洞海湾沿岸。当時は水位が高く、急流だった関門環境を通らずにバイパスできるルートがありました。伊都国があったのが筑上町湊周辺、奴国は豊前市、不彌国は中津あたりに想定されます。距離や方向は魏志倭人伝通り。金印は奴国が侵略され落ち延びる時に隠したのではという説です。

ここから先、投馬国は分岐して宮崎市手前の都萬神社近くに比定しています。邪馬台国は別府にありましたが火山灰で埋まってしまいます。魏からの使者はいろいろと調べていたようで丹などの天然資源調査をしていたようです。卑弥呼の墓は宇佐神宮境内にある山で禁足地になっています。昔の調査では人口の山のようですので可能性は高いですね。

|

« 清須会議 | トップページ | 2020年6月30日にまたここで会おう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清須会議 | トップページ | 2020年6月30日にまたここで会おう »