« 神社に秘められた日本史の謎 | トップページ | 流浪の戦国貴族 近衛前久 »

2020/08/08

日本史ひと模様

 【書 名】日本史ひと模様
 【著 者】本郷和人
 【発行所】日経BP
 【発行日】2020/07/08
 【ISBN 】978-4-532-26432-1
 【価 格】880円


■お守りをゴミ箱に捨てられるか?
1年を過ぎたお守りは神社に納めるのが基本だが、そうしている人は少なく、かといってゴミ箱に捨てる人も少なく、うやむやのうちに処分しているようです。


■久松松平家
家康の生母のお大の方は実家に戻され久松家に再嫁し、やがて家康から松平の姓を下賜され久松松平家となりました。3人兄弟がいましたが末の定勝の子孫が「その時歴史が動いた」を担当したNHKアナウンサーの松平定知さんになるそうです。


■ヘボン
高橋是清が子供の頃、ヘボン塾でヘボン夫人に英語を学んでいました。ヘボン式ローマ字で有名です。今風に言うと「ヘップバーン」で、キャサリン・ヘップバーンは一族になります。


■岩﨑久弥
岩﨑弥太郎の長男で三菱財閥第三代総帥。引退した後に北海道農業の近代化に努め「男爵いも」はこの岩﨑久弥の爵位にもとづいたものです。

|

« 神社に秘められた日本史の謎 | トップページ | 流浪の戦国貴族 近衛前久 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神社に秘められた日本史の謎 | トップページ | 流浪の戦国貴族 近衛前久 »