« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020/06/27

サイバー攻撃 ネット世界の裏側で起きていること

 【書 名】サイバー攻撃 ネット世界の裏側で起きていること
 【著 者】中島明日香
 【発行所】講談社ブルバックス
 【発行日】2018/01/20
 【ISBN 】978-4-06-502045-6
 【価 格】1000円


■Morris Worm(1988)
マルウェアはMalicious software(悪意のあるソフトウェア)で、Morris Wormが出現したのはARPANETの時代。脆弱性を使ってARPANETの10%に侵入したと言われています。これを契機にCERT/CCがカーネギーメロン大学に生まれます。


■Blaster(2003)
Windowsに存在したバッファーオーバーフローの脆弱性をついて800万台以上のコンピュータに感染します。


■クロスサイトスクリプティング
IPAの報告では半数以上がクロスサイトスクリプティング攻撃でした。脆弱性があると<script>alert(document.cookie)</script>というJavaScriptを入力するとCookieを引きdして成りすますことができます。


■SQLインジェクション
ユーザ名に「admin」パスワードに「'OR`A`=`A`」といれると全て成り立つのでパスワードパスとなります。


■バウンティハンター
アメリカには逮捕した被疑者の保釈金を立て替える保証業者がいます。被疑者が裁判を受ければ裁判所から保釈金が返されますがなかには逃げるやつがいます。これを捕まえるのがバウンティハンター(賞金稼ぎ)です。セキュリティの世界にも同じように脆弱性報奨金制度があります。始まりは1995年のネットスケープ社でロゴ入りマグカップとTシャツを贈呈していました。


脆弱性情報を買い取るなかにはIPSメーカーもいます。競合に対して差別化できます。iOSの脆弱性をつく攻撃コードの買い取り価格は150万ドルになります。


■Stuxnet
イランにある核施設をターゲットにし、最初はUSBメモリーから拡がるようになっていました。Windowsがもつ5件の脆弱性をつき4件が未知でした。またドイツのシーメンス社が提供する制御ソフトを感染させるようになっており、このソフトはPLCによく使われていました。


■Cyber Grand Challenge
2016年Mayhemが優勝し、優勝賞金は約2億円。人間を介さない全自動サイバー攻撃戦いです。脆弱性の発見から攻撃コードの作成まで全自動で行います。

| | コメント (0)

新人諸君!できる営業になる50のコツ

 【書 名】新人諸君!できる営業になる50のコツ
 【著 者】駒井俊雄
 【発行所】セルバ出版
 【発行日】2020/04/10
 【ISBN 】978-4-86367-570-4
 【価 格】1600円


知り合いがコロナ禍のなかに出版した本です。前作は「廃業寸前が世界トップ企業になった奇跡の物語」(ぱる出版)でした。


■優秀な営業の条件は誠実さ
競合他社の商品でも顧客が最も必要にしているなら素直に薦めるのが営業の矜持です。「昔はよかった」「昔はもっと売れた」と言っているのは中途半端な営業の単なる記憶の改ざんにすぎません。


■全数訪問
すべての見込み客を訪問することで昔から効果は絶大。目的は地域を理解することで売り込まないし、長引かせないのが鉄則


■プレゼンの基本パターン
結論を先に言う → 理由を3つにまとめて伝える → データや実績で補完する


■タイミングを考える
季節性 -消費財など季節性がある商品は提案時期がよみやすい
予算時期-業界ごとの予算決定時期を考える
買い替え時期-メンテナンス担当と連携をとり、買い替え時に提案
緊急需要-緊急対応に強い会社というイメージを伝え声がかかるようにする

| | コメント (0)

2020/06/18

パーマネント神喜劇

 【書 名】パーマネント神喜劇
 【著 者】万城目 学
 【発行所】新潮文庫
 【発行日】2020/05/01
 【ISBN 】978-4-10-120662-2
 【価 格】590円


小さな社の縁結びの神様を巡る物語。千年前から小さな神社を守っていますが昇進試験やらいろいろなトラブルに巻き込まれます。万城目ワールドが満載の物語です。

| | コメント (0)

2020/06/13

戦国武将の叡智

 【書 名】戦国武将の叡智
 【著 者】小和田哲男
 【発行所】中公新書
 【発行日】2020/05/25
 【ISBN 】978-4-12-102593-7
 【価 格】820円


■勝って兜の緒を締めよ
天文10年(1541)年の北条氏綱の遺言状「北条氏綱公御書置」に「勝て甲の緒をしめよという事、忘れ給うべからず」と出てきます。冒頭には「大将によらず、諸侍ども、義を専らに守るべし」とあり、「末世に後ろ指ささるる恥辱」は当時の武士にとっていやなものでした。


■柴田合戦記
秀吉は広報宣伝がうまく明智光秀に勝った時は「惟任退治記」を出し、北庄城で柴田勝家に勝った時に書いたのが「柴田合戦記」です。柴田勝家の最後も詳細に書かれていますが、これは柴田勝家が老女に状況を目撃してから敵に語るように命じたからです。また秀吉は縁がない諸将にも戦勝報告をしており、いわばダイレクト・メール作戦です。


■築城
地選(ちせん) 城地の選定
経始(けいし) 縄張
普請      堀、土塁などの土木工事
作事      建物、門、櫓なのの建設工事


■名称の条件
朝倉宗滴によれば名将とは一度大敗北を喫したものをいうとあります。武田信玄も七分勝ちが最高の勝ち方と言っておりました。


褒め上手だったのが加藤清正で重臣に飯田覚兵衛がいて、戦に出ていやだと思うところに清正が来て褒めるため、ずっと戦い続け、「一生、清正にだまされてきたようだ」と述懐しています。


■釈迦の間の異見会
黒田長政が武士であれば足軽でも月に3日、長政が部屋に詰めているので直接、意見を言いに来いと決めていました。お釈迦さんの絵が飾ってあったので釈迦の間の異見会と言われました。


■最上と伊達
国境に近い中山近辺で最上義光と伊達政宗が対立した時、伊達政宗の母で最上義光の妹だった義姫は中山へ行き、和議がなるまで動かないと実力行使に出ます。80日間も動かなかったため最上義光が根負けし和議となりました。


■首供養
戦とはいえ首を取られた側は祟ると考えられていました。そこで行われたが首供養。大将首は別ですがそれ以外は33ごとに供養するのが基本だったようです。僧侶が陣僧として従軍していたので読経してもらい、首供養が終わると集めて首塚が作られました。

| | コメント (0)

2020/06/12

椿井文書 日本最大級の偽文書

 【書 名】椿井文書 日本最大級の偽文書
 【著 者】馬部隆弘
 【発行所】中公新書
 【発行日】2020/03/25
 【ISBN 】978-4-12-102584-5
 【価 格】900円


近畿一円に流布している偽文書。書いたのは椿井正隆という人物。


■津田城
郭が山頂になく大和側に向かっては土橋や土塁などがありますが、大坂側には防御施設はなく変わった城跡。どうも山岳寺院跡だったようです。三好三人衆と松永久秀が争った時には陣城として使われた可能性はあります。地域では富農がもともとは武士だったといった系図を求めている背景があり、椿井正隆はそれらしい文書を出していました。しかも相互に関連する文書が多く、ダブルチェックしても大丈夫なようになっています。


■興福寺官務牒疏(こうふくじかんむちょうそ)
興福寺に関係する221の寺社名が書かれていますが、これも椿井文書の一つ。興福寺の勢力が中世、大きかったという時に参照されていましたが偽書でした。王仁の墓も古墳ではなく自然石の墓でどう考えてもおかしいのですが、椿井文書の影響で市史にも掲載されています。地域おこしとくっついてしまった事例です。


■並河誠所(なびかせいしょ)の「五畿内志」
享保20年(1735)に出たのが「五畿内志」で、並河誠所が式内社を比定していました。あやふやなところも多く、これも利用して偽文書が作られました。

| | コメント (0)

2020/06/07

キリシタン協会と本能寺の変

 【書 名】キリシタン協会と本能寺の変
 【著 者】浅見雅一
 【発行所】角川新書
 【発行日】2020/05/10
 【ISBN 】978-4-04-082338-6
 【価 格】900円


信長、光秀の両方に会っていたのが宣教師。報告書を日本人は読めませんので忖度する必要はありません。「信長の死について」書かれたフロイトの書簡から読み解いています。


■天正4年(1576) 安土城築城
信長はオルガンティーノに土地と資材までも与え教会作りを支援
天正9年に巡察師ヴァリニャーノがセミナリオ建設を指示し翌年に完成


■天正10年(1582年)
2月14日(西暦3月8日)夜10時に東の空が明るくなり安土城の上が赤くなる。朝まで続き豊後でも目撃された模様。信長は意に介さず武田攻めへ
5月14日(西暦4月22日)夜9時に彗星があらわれる 数日間続き 数日後の正午に安土に空から彗星のような物が落下
6月2日(西暦6月21日)本能寺の変 未明に発生し安土に伝わったのは正午頃


明智光秀は高山右近やオルガンティーノが自分に味方しないことは分かっていたようですがキリスト教とは近い関係がありオルガンティーノは坂本城で光秀の息子(十五郎)とも会って便宜をはかってもらっています。


6月12日(西暦7月1日)山崎の戦い 中川清秀が山上、池田恒興が淀川沿いを進軍。高山右近軍が山崎にいたところ偶然、光秀軍と遭遇した模様で中国大返しをしてきた秀吉軍は疲れていて到着できなかった模様。敗走した光秀軍は長く京都の教会では全部、通過するのに2時間かかったと記録されています。


■本能寺の変
光秀の妹で信長の側室だった御ツマキが天正9年8月に亡くなったこと、明智十五郎(嫡子)に対するなんらかの処分を避けるためではないかという説に言及しています。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »