« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020/04/29

論語と算盤

 【書 名】論語と算盤
 【著 者】渋沢栄一
 【発行所】ちくま新書
 【発行日】2010/02/10
 【ISBN 】978-4-480-06535-3
 【価 格】820円


■算盤と論語
渋沢栄一が70歳になった時に友人が作ってくれた画帳に論語、算盤、シルクハット、刀の鞘が書かれた絵があり、それを見た学者が「私は論語を読むほうで、お前は算盤を探求している方だ、その算盤を持つ人が論語のような本を語る以上は、自分もまた論語だけで済ませず、算盤も大いにきわめなければならない」と語ります。論語と算盤というかけ離れたものを一致させることが大切です。


■調子にのらないこと
名声とは常に困難できづまった日々の苦闘のなかから生まれてくる。失敗とは得意となっている時期にその原因が生まれる。


高い道徳を持った人間は、自分が立ちたいと思ったら、まず他人を立たせてやり、自分が手に入れたいと思ったら、まず人に得をさせてやる(論語)


木は物差しをあてられて人に役立つものとなる。物差しをあてるのは大工だ。人が人であるのは腹の中にある知識がつまっているからだ。こうした知識を努力して学べば腹は満たされるが、努力しなければ腹のなかはからっぽだ。


■自ら箸をとれ
人材登用のお膳立てをしても、食べるかどうかは箸をとる人の気持ちしだい。木下藤吉郎も卑しい身分から身を起こし関白という大きなご馳走を食べた。何かひとつ仕事をしたやろうとする者は、自分で箸を取らなければならない。


■西郷隆盛
渋沢栄一が大蔵省に勤務し財政改革に取り組んでいた時に相馬藩に頼まれた西郷隆盛が訪ねてきます。財政改革においても興国安民法(二宮尊徳が遺した)の廃止をやめさせるためでしたが、西郷隆盛に内容を知っているかと聞いたら知らないという返事。そこで内容を説明し藩だけでなく日本全体で興国安民法を考えるべきだと言ったところ、何も言わずに帰りました。参議の身分でペイペイの役人宅を訪ね、知らないことは素直に知らないという、やはり豪傑でした。


■第一国立銀行
銀行は大きな川のようなものだが、蔵の中に隠れているお金や日雇い人夫の懐にひそんでいると、人の役にたち国を富ませる動きにならない。


東京市養育院を設立するなど人格者だった渋沢栄一ですが、女に関してはだらしなく、お妾も多く子供は30人以上もいたようです。渋沢自身も婦人関係以外は一生を顧みて天地に恥じないと自覚していました。

| | コメント (0)

2020/04/27

回想の織田信長 フロイス「日本史」より

 【書 名】回想の織田信長 フロイス「日本史」より
 【著 者】ルイス・フロイス
 【発行所】中央公論新社
 【発行日】2020/03/25
 【ISBN 】978-4-12-206865-0
 【価 格】1,000円


美濃の岐阜城ではロレンソ修道士やフロイスに対して信長自ら晩餐の食膳を持ってくるシーンなど、有名な話が出てきます。織田信長や他の武将に対して忖度する必要がないので実際にどんな性格だったのかなども、よく描かれています。


■京都のキリシタン居住地
高辻通りと松原通りの間の若宮通り菊屋町だったようで、江戸時代初めにはダイウス町(デウス)と呼ばれた3つのうちの1つでした。協会は蛸薬師通り、室町と新町の間の北側姥柳町にありました。


■セミナリオ(安土)
1階-茶の湯、座敷(宿泊) 2階ー寝室 3階ーセミナリオ


■荒木村重と高山右近
荒木村重を説得するために高山右近は子供や妹を人質に差し出して話をして荒木村重は納得。荒木村重が安土に行こうと茨木まですすむと重臣たちから反対の通知が届き、この上は摂津の領主は別にするとまで言われ荒木村重は有岡城へ戻ります。高山右近は人質が握られているので動けません。そこで信長は宣教師をおどして説得に向かわせますが、その話などが詳しく記載されています。


■本能寺の変
1582年3月8日の夜10時、東から空が明るくなり安土城の上で赤く染まり、明け方まで続きました。5月14日、月曜日の夜9時に彗星があらわれて数日にわたって長い尾が見える。数日後の正午、、修道院の7、8名が彗星か花火ような物体が安土城に落ちていくのを見ています。いろいろと怪奇なことがあったようです。

| | コメント (0)

2020/04/26

信長と家臣団の城

 【書 名】信長と家臣団の城
 【著 者】中井均
 【発行所】角川選書
 【発行日】2020/03/27
 【ISBN 】978-4-04-703687-1
 【価 格】1,700円


■岐阜城 金華山中腹
金華山山頂から北西に派生する尾根のピークにある赤川洞と呼ばれる意向で、もともとは織田信忠の屋敷があったようで、その後は秀信の居館になったようです。


■安土城 大手道
摠見寺からの道が大手道で、現在のまっすぐ伸びる石段道は信長や来場者など特別な客用だったようで、石段道のすぐ近くにある伝秀吉邸は信長の居館だったようです。安土城の天主には「ぼんさん(盆山)」を飾っていたようです。小牧山城には間々観音出現の地が岩盤上にあり、岐阜城には伊奈波神社の旧地とする烏帽子岩がありました。信長は磐座を意識していたようです。金箔瓦が有名ですが青く見える瓦も印象的だったようです。


■勝竜寺城
勝竜寺城城には天主があったそうです。しかも安土城に天主が作られる前で、織田信長は坂本城(明智光秀)と勝竜寺城(細川藤孝)に試作的に天主を作らせたようです。明智光秀、細川藤孝とも織田家の歴代家臣ではなく室町幕府家臣からの転身組でした。


■原田城
荒木村重の有岡城を包囲するために城跡を活用して陣城を築いています。池田城では主郭を分断する堀切がみつかり郭を増やしたようです。原田城には中川清秀と古田織部が入りましたが幅18m、深さ5~6mの空堀が新たに掘られました。

| | コメント (0)

2020/04/18

危ない日本史

 【書 名】危ない日本史
 【著 者】本郷和人 NHK偉人たちの健康診断取材班
 【発行所】講談社アルファ新書
 【発行日】2020/03/19
 【ISBN 】978-4-06-519443-0
 【価 格】860円


戦国武将の死因について推論していますが武田信玄は胃癌、上杉謙信は糖尿病(大酒飲み)だったようです。小早川秀秋は子供の時から飲んでいてアルコール性肝硬変だったようです。ただし慶長の役の後、秀吉から秀秋は筑前35万石から越前12万石に国替えされます。秀吉が亡くなってから筑前に戻してくれたのが徳川家康でした。秀秋にとって家康は恩人で東軍につくのは自明で裏切りと言う話ではなかったようです。


■石田三成
淀川が氾濫した時、土嚢が足りないなか石田三成は米蔵から米俵を出して洪水を防ぎました。数千俵の米よりも城と町の損害を瞬く間に計算する機転がありました。賤ヶ岳の戦いでは、兵に武具をつけさせず身軽にして移動させます。具足は長浜城から戦場まで運びます。また沿道には松明をたかせ道を照らしました。


■脇坂安治
七本槍の活躍で山城国に3000石をもらいます。伊賀国の代官の仕事をしていた時、秀吉から木材を伐採して早く送れと書状が届きます。脇坂は戦で働きたいと願いますが、お前に期待しているのは木材を送ることだという返事。脇坂安治は最終的に3万石まで出世しますが、実務能力をここまでしか評価していませんでした。


加藤清正や福島正則は20万石でしたので戦いよりも国を統治する実務能力が高く、関ケ原の合戦というと文治派の石田三成と武断派の加藤清正らの戦いと言われますが、そんな単純なものではなく大名通しの熾烈な権力争いです。原因は無謀だった朝鮮出兵の失敗でした。


■桜田門外の変
牛肉の恨み説というのがあります。水戸の斉昭は牛肉好きで毎年、彦根藩主から近江牛を送ってもらっていました。井伊直弼が仏教徒になってから送ってもらえなくなり、これが桜門外の変につながったそうです。


■日本の人口
600年-600万人 第一回遣隋使が派遣され、聖徳太子が活躍していた頃
1600年(関ケ原)-1200万人(平和になる)
1700年-2500万人

| | コメント (0)

2020/04/14

禁断の江戸史 教科書に載らない江戸の事件簿

 【書 名】禁断の江戸史 教科書に載らない江戸の事件簿
 【著 者】河合 敦
 【発行所】扶桑社新書
 【発行日】2020/03/01
 【ISBN 】978-4-594-08419-6
 【価 格】840円


■先用後利
富山の薬売りというとサブスクモデルのはしりですが、それ以前から同じビジネスモデルがあったようです。立山連峰には御師がいて、各地に出向き立山曼荼羅を見せて立山への参詣を誘致していました。あらかじめ旅籠や豪農になどに祈祷札や教衣を預け、売れた分を翌年に補充しました。これが富山の薬売りにも導入されますが、薬は万一の必需品なので一度、顧客となると長い付き合いになり年に2回は顔をあわせ、客からは手紙をことづかったり、縁談を頼まりしてロイヤルカスタマーへとなっていきます。


■遠山の金さん
天保の改革の時、遠山金四郎は庶民には同情的で水野忠邦が寄席を全部閉めると言い出すと、一部は残るように計らいました。やがて店舗の改革が失敗すると恩に感じていた芝居関係者が遠山金四郎を名奉行に仕立て上げた題目を上演することで、現在のイメージになったようです。桜ではないですが彫り物は確かにしていたようです。


■参勤交代
江戸と国を1年交代でというイメージですが、いろいろで松前(蝦夷)は5年に1回、対馬は3年に1回でした。反対に関東近郊は半年に1回で、また旗本でも参勤交代を命じられていたものもいました。


■鳥見の仕事
鷹狩りで鳥を見張る仕事がありました。鷹の餌用にトリモチで毎日十羽の雀を捕まえるのも仕事でした。大名屋敷の敷地まで雀を追っかけて入ることもあり、公務なので反対はできません。現在でいう監査役や保健所職員のようなことをやっていました。


■そば屋の庵
~庵とつくのは江戸浅草の道光庵という寺院が参詣者にそばを振舞って評判になったことから庵とつけるようになったという説があるそうです。


■ミイラ
江戸時代、ミイラが輸入され薬をして使われていました。エジプトのミイラの防腐剤にはプロポリス(ミツバチの巣から少しだけとれる健康食品で有名)が使われ、抗菌作用、滋養強壮にきくので効能は確かだったようです。


■インフルエンザ
江戸時代も稲葉風、お駒風、谷風、お七風、ネンコロ風などのインフルエンザが流行しました。お七風は歌舞伎で八百屋お七が流行った時に命名されました。この時、幕府から給付金が出ました。棒手振(天秤棒で商売する零細商人)、日雇稼業、職人など独身者は一人銭300文、二人暮らし以上は一人250文ずつの支給で300文は3~5千円ぐらいです。

| | コメント (0)

2020/04/11

東海の名城を歩く 愛知・三重編

 【書 名】東海の名城を歩く 愛知・三重編
 【著 者】中井均、鈴木正貴、竹田憲治
 【発行所】吉川弘文館
 【発行日】2020/3/10
 【ISBN 】978-4-642-08366-9
 【価 格】2500円


愛知、三重の71城を掲載しています。同じシリーズには岐阜編と静岡編が出ています。


| | コメント (0)

戦国時代を読み解く新視点

 【書 名】戦国時代を読み解く新視点
 【著 者】歴史街道編集部
 【発行所】PHP新書
 【発行日】2020/3/26
 【ISBN 】978-4-569-84664-4
 【価 格】900円


■中国大返し
毛利は摂津へ向かう秀吉を背後から襲うことができましたが実際はできなかったようです。秀吉は毛利氏重臣に手を伸ばしていて秀吉に通じていない重臣は5人しかいない状況だったようです。村上水軍などにも手をのばしていて、陣中では重臣離反の噂などが流れていました。


■長篠の戦い
信長&家康が武田勝頼を破った戦いですが、高天神城の戦いで家康から援軍を求められた信長は結局、間に合いませんでした。今度も遅れると家康が離反するので遅れるわけにはいきません。また絶対に負けないように武田軍の倍の兵力をかき集めて臨みました。また鉄砲の活用が有名ですが鉄砲の装備率を見ると武田勝頼と信長との差はあまり、ありませんでした。問題は弾で信長、家康軍はタイから輸入した鉛を使っていました。武田領に金山はありましたが鉛山はなく、武田軍は最初に鉄砲を討った後に弾が少なくなるため突撃したようです。


信長は経済封鎖も行っており、伊勢商人にも東国に物資を流してはいけないと圧力をかけていました。神社に賽銭の中の悪銭を上納させて弾にしようともしていました。


■上杉謙信
武田信玄が攻めてきたため村上義清など北信濃の国人衆が謙信に助けを求めましたが、北信濃は越後守護の管轄下だったようで越後守護の上杉定実が亡くなっていたことから守護代の謙信が国主の立場にありました。そのため北信濃の国人を助け川中島の戦いへとなっていきます。信玄も大義名分を得るために幕府に近づいて信濃守護となります。謙信はさらに上を目指して関東管領となり格式が信玄よりも上になりました。信玄はずっと長尾謙信などと言い、決して上杉謙信とは言いませんでした。


■光秀と信長
足利義昭から信長に最初の上洛要請があったのが永禄9年(1566)でしたが信長は約束を破って休戦していた美濃へ攻め入ったりしました。話が流れてしまい足利義昭は越前へ向かうことになります。最初の取り持ちをしていたのが細川藤孝のようです。永禄11年に信長が美濃を平定して上洛の打診をした時に不信感を持っていた足利義昭側は細川藤孝を表立って使うわけにはいかず、この時に光秀が登場した可能性がありそうです。


■大野治房
大野治長の弟で大坂夏の陣では徳川秀忠の本陣へ突っ込み、秀忠自身が槍をもったと伝わっています。大坂の陣が終わり、大野治房や後藤又兵衛の息子はふつうに生活していました。大坂の陣で立て籠もった牢人衆も無罪放免となりました。やがて最後まで主君のために戦ったと評価され後藤又兵衛の孫が取り立てられました。


■軍師
信長-伊束法師、家康ー閑室元佶


 

| | コメント (0)

教科書が教えない楠木正成

 【書 名】教科書が教えない楠木正成
 【著 者】産経新聞取材班
 【発行所】産経新聞出版
 【発行日】2018/7/2
 【ISBN 】978-4-8191-1340-3
 【価 格】1500円


産経新聞に3年間にわたり連載された記事を単行本化した本です。


■出自
河内の悪党と言われていますが、千早城攻めの際に「くすの木の ねハかまくらに成るものを 枝をきりにと 何の出るらん」という落首が都ではやりました。地頭だった安達氏が滅ぼされた後に被官として駿河国入江荘楠木村に入ったのが始まりのようです。もともとは幕府側の人間だったようです。


■宝筐院(嵐山)
二代将軍・足利義詮の墓と並んで楠木正行の墓があります。義詮が37歳で没する時、四条畷の合戦で死んだ楠木正行の墓を建てるように遺言したためで、私心がない戦いをした楠木を幕府も認めていました。楠木正成は後醍醐天皇に足利尊氏と和解するよう勧めていましたので、足利尊氏も同志と思っていました。


■楠木の末裔
楠木正具(まさとも) 北畠氏に仕え織田信長と戦いました。一志郡八田城に700人の手勢で籠り、滝川一益を食い止めました。「げに伊勢の楠こそ、いくさにかけては鬼神よ」と信長に言わせ攻め手を秀吉に変えたようです。北畠が降伏した後も石山などで戦い続け61歳で戦死したようです。

| | コメント (0)

店長がバカすぎて

 【書 名】店長がバカすぎて
 【著 者】早見和真
 【発行所】角川春樹事務所
 【発行日】2019/07/18
 【ISBN 】978-4-7584-1339-8
 【価 格】1500円


武蔵野書店に勤める書店員を中心にした物語ですが、最後がコンピュータの世界でいう再帰構造になっています。帯に本屋大賞ノミネートとありますが、2020年本屋大賞では第9位に入賞していました。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »