« なぜ武士は生まれたのか | トップページ | 座右の書「貞観政要」 »

2020/02/12

日本史を変えた8人の将軍

 【書 名】日本史を変えた8人の将軍
 【著 者】本郷和人、門井慶喜
 【発行所】祥伝社新書
 【発行日】2020/02/10
 【ISBN 】978-4-396-11595-1
 【価 格】960円


■幕府
明治時代に学者が武士政権をどう呼ぼうかと考えた言葉で、江戸時代に幕閣に聞いたら「柳営(りゅうえい)」と答えるでしょう。


■室町幕府 奉行人と奉公衆
奉行人-政治や裁判を補佐した武士で世襲
奉行衆-直轄軍 足利義満の頃で3000人ほどで京都在住


■一職支配
土地からの上りはすべて自分にものとなり、太閤検地によって土地の重層的支配が廃されることで実現します

|

« なぜ武士は生まれたのか | トップページ | 座右の書「貞観政要」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ武士は生まれたのか | トップページ | 座右の書「貞観政要」 »