« 本屋、はじめました | トップページ | 信長 »

2020/01/26

空白の日本史

 【書 名】空白の日本史
 【著 者】本郷和人
 【発行所】扶桑社新書
 【発行日】2020/01/01
 【ISBN 】978-4-594-08368-7
 【価 格】880円


■三種の神器
南朝方に三種の神器があった時に醍醐寺のお坊さんである三宝院賢俊が南朝の陣地に行って朱塗りの箱を持って帰ってきました。三種の神器を納める箱で、これを三種の神器代わりにして御光巌天皇が即位します。太平記によると北陸と1セット(恒良親王+新田義貞)、後醍醐天皇から北朝に渡った1セット、後醍醐天皇が吉野へ持って行った1セットがあります。


■キリスト教と一向宗
どちらも唯一無二の一神教のような宗教です。一向宗に手をやいた戦国大名もキリスト教が同じような思想ということが分かって弾圧をはじめたとも考えられています。


■天皇の承継
兄弟間での承継が中心でしたが天智天皇、天武天皇、持統天皇あたりから変わっていきます。単婚小家族から直系家族の方に替わっていきます。


|

« 本屋、はじめました | トップページ | 信長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本屋、はじめました | トップページ | 信長 »