« 行動経済学の使い方 | トップページ | 土地と財産を読み解く日本史 »

2020/01/26

江戸の家計簿 カラー版

 【書 名】江戸の家計簿 カラー版
 【著 者】磯田 道史
 【発行所】宝島社新書
 【発行日】2020/01/24
 【ISBN 】978-4-299-00146-7
 【価 格】1000円


■参勤交代で江戸に来た下級武士
紀州藩士・酒井伴四郎の日記が残っており、江戸勤番で単身赴任でしたが共同生活で自炊するのが基本でした。屋敷の外へ行くのを藩側が快く思っていなかったようです。


■大工、左官、鳶は「江戸の三職」
江戸時代に高給取りだったのが大工などの職人。日給は2万7千円で年収800万円ほどになります。


■作家は儲からない
滑稽本作者で年収500万円ほど。曲亭馬琴「南総里見八犬伝」が日本初のプロ小説家となります。

|

« 行動経済学の使い方 | トップページ | 土地と財産を読み解く日本史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行動経済学の使い方 | トップページ | 土地と財産を読み解く日本史 »