« 権力の日本史 | トップページ | 中国人は見ている »

2019/12/17

大論争 日本人の起源

 【書 名】大論争 日本人の起源
 【著 者】斎藤成也、関野吉晴、片山一道、武光誠ほか
 【発行所】宝島社新書
 【発行日】2019/11/11
 【ISBN 】978-4-8002-9929-1
 【価 格】1000円


■渡来人
縄文人で魅力ある場所は森や川がある複数の生態系が交わるところで、水田に適した下流域は誰も利用していませんでした。ここに渡来人がきて稲作をはじめます。渡来人と縄文人の間は友好的で交易も行っていました。水田耕作を持ち込んだ人は難民ではなくアメリカに新しい理想郷を作ろうとしたピルグリム・ファーザーズのような人だったかもしれません。


■環濠集落
前方後円墳は北は仙台まで南は大隅半島で薩摩半島にはありません。環濠集落も薩摩半島にはありません。環濠集落では東は太平洋側が利根川、日本海側は新潟県村上市までになります。


縄文時代は多種多様なものを食べるので飢餓はありませんが、水田耕作のように米だけに頼るようになると採れなくなると飢餓となります。弥生となり縄文人が生活していた森を切り開かないと水田耕作はできません。ただし森の霊たちの怒りを乗り越える必要があり精神的には高いハードルでした。また弥生時代は環境破壊、格差、戦争を巻き起こすことになります。縄文時代は匠の時代でしたが弥生時代は大量生産の時代となります。


アマゾンでは集団が150人以上になると緊張関係が激しくなり200人になると分裂して近親憎悪から敵対関係になります。


■台与の墓
卑弥呼の墓が箸墓古墳とすると台与の墓は西殿塚古墳ではないかと言われています。後円部と前方部に1ケ所ずつ2人が埋葬されているようで、一人が台与でもう一人が台与を補佐した男性ではないかもしれません。西殿塚古墳の次の世代が行燈山古墳になります。


|

« 権力の日本史 | トップページ | 中国人は見ている »

コメント

あなたの知らない日本史をどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

投稿: omachi | 2020/01/21 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 権力の日本史 | トップページ | 中国人は見ている »