« 大論争 日本人の起源 | トップページ | 行動経済学の逆襲(上) »

2019/12/20

中国人は見ている

 【書 名】中国人は見ている
 【著 者】中島 恵
 【発行所】日経プレミアシリーズ
 【発行日】2019/12/09
 【ISBN 】978-4-532-26417-8
 【価 格】850円

インバウンドなどで、たくさんの中国人が来日したり日本で働いたりしていますが、けっこう常識が違っています。

■ホイコーロ(回鍋肉)
もう一回、鍋に肉を戻すという意味で、材料は豚バラ肉とニンニクの葉。キャベツではないそうで、調味料は豆板醤。四川人が日本のホイコーロを食べた時に衝撃を受けたそうで、中国人にとって苦手なのが日本式の中華料理だそうです。ただ日本で進化を遂げた焼き餃子とラーメンは大好評です。

■ラーメン模様
ラーメンをいれるドンブリといえば独特の雷紋と呼ばれるラーメン模様のものが有名ですが日本発祥なんだそうです。1910年に浅草で日本初のラーメン屋「来々軒」がオープンした時にできたものでした。

■給湯器
中国人は漢方医学の観点もあって、お湯をよく飲みます。中部国際空港で中国人によく聞かれるのが給湯器の場所だそうです。

■「お手すきの際に」は伝わらない
中国人にとって日本人とのメールのやりとりは大変。推測+期待+テレパシーが必要で、例えば「お手すきの際に返信してください」は一体、いつ返信するんだになります。

■日本から中国へ逆輸入された漢語
人気、居酒屋、刺身、違和感、社畜、森女(森ガール)などがあり、最近の中国の若者は日本由来と知らずに使っているそうです。

|

« 大論争 日本人の起源 | トップページ | 行動経済学の逆襲(上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大論争 日本人の起源 | トップページ | 行動経済学の逆襲(上) »