« 権力の日本史 | トップページ | 大論争 日本人の起源 »

2019/12/13

権力の日本史

 【書 名】権力の日本史
 【著 者】本郷和人
 【発行所】文春新書
 【発行日】2019/11/20
 【ISBN 】978-4-16-661239-0
 【価 格】850円

権力は実力か、それとも血か家かについて考えさせられる本です。

■エマニュエル・トッド(フランスの歴史人口学者)の家族理論
中心部の中国、ロシア、中東など古代に文明が発達した地域から核家族→直系家族→共同体(家父長)家族へと推移。同心円状に拡がるため日本や朝鮮半島やローマからみて周辺にあたるドイツなどが遅れて直系家族になります。さらに遠いイギリスやアメリカでは一番古い核家族が今も続いている。

直系家族ー日本、朝鮮半島、ドイツ
共同体家族-中国、イタリア

■秀才
科挙の予備試験にあたる科試を受験する資格を取得した者が秀才
科試に合格すると挙子となり、ようやく本番の科挙試験に臨めます。

■判官
源義経が任じられたのが検非違使少尉。長官、次官につぐ三等官である判官だったので源九郎判官の名前が生まれます。

|

« 権力の日本史 | トップページ | 大論争 日本人の起源 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 権力の日本史 | トップページ | 大論争 日本人の起源 »