« もっとさいはての中国 | トップページ | データが語る日本財政の未来 »

2019/11/10

夜行

 【書 名】夜行
 【著 者】森見登美彦
 【発行所】小学館文庫
 【発行日】2019/10/09
 【ISBN 】978-4-09-406703-3
 【価 格】610円


鞍馬の火祭を同じ英会話スクール仲間で見学に行った時、一人が忽然と消えるところから物語がスタート。尾道、奥飛騨、津軽、天竜峡とそれぞれの物語が展開し、最終話へ続いていきます。「夜は短し歩けよ乙女」、「四畳半神話大系」などとまったく違ったテーストの物語になっています。


|

« もっとさいはての中国 | トップページ | データが語る日本財政の未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もっとさいはての中国 | トップページ | データが語る日本財政の未来 »