« こんなに面白い!近鉄電車100年 | トップページ | もっとさいはての中国 »

2019/11/02

おかしな本の奮戦記

 【書 名】おかしな本の奮戦記
 【著 者】堀内 俊宏
 【発行所】二見書房
 【発行日】1987/06
 【ISBN 】4-576-87071-8
 【価 格】1000円


「エマニエル夫人」、「白い本」、「刑事コロンボ」など話題本を出してきた二見書房25年の歴史です。もともと父親が印刷業を行っており、多角経営ということで出版社をスタート。両方を見るということから二見書房と命名します。ところが出版不況などで不渡りを出してしまい倒産。戦後の復興期、印刷工場を再建し、同じ名前でまた出版に乗り出すことになります。


素人が出した本(「女のいくさ」佐藤得二)がいきなり直木賞を受賞した話など、ユニークな挿絵とともに紹介されています。


|

« こんなに面白い!近鉄電車100年 | トップページ | もっとさいはての中国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなに面白い!近鉄電車100年 | トップページ | もっとさいはての中国 »