« 夜行 | トップページ | それでも日本人は戦争を選んだ »

2019/11/16

データが語る日本財政の未来

 【書 名】データが語る日本財政の未来
 【著 者】明石 順平
 【発行所】インターナショナル新書
 【発行日】2019/02/12
 【ISBN 】978-4-7976-8033-1
 【価 格】900円


データを元にした日本の将来です。


政府総債務残高GDP比が235.6%で第二位のギリシャ(183.5%)を大きく引き離しています。社会支出対GDP比はOECD加盟国で14位になっている。景気対策のために所得税の減税をしたが効果は少なく税収が減っただけに終わってしまいました。データを見ると減税すれば景気が回復してかえって税収が増える説は成り立っていません。


高齢者人口
65歳以上の高齢者人口は2042年の3,935万人まで増え続けてピークをむかえ減り続けます。75歳以上のピークは2054年の2,449万人でこの時の生産年齢人口は5,072万6千人で今よりも2,400万人減少。オーストラリアの人口が減少するのと同じです。


|

« 夜行 | トップページ | それでも日本人は戦争を選んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜行 | トップページ | それでも日本人は戦争を選んだ »