« 徳川家が見た幕末の怪 | トップページ | 大江戸の飯と酒と女 »

2019/10/26

読書狂の冒険は終わらない!

 【書 名】読書狂の冒険は終わらない!
 【著 者】三上延、倉田英之
 【発行所】集英社新書
 【発行日】2014/10/22
 【ISBN 】978-4-08-720760-6
 【価 格】760円


「ビブリオ古書堂の事件手帳」の三上、「R.O.D」の倉田両氏による読書に関する対談ですが、読書家ならではのいろいろな話が出てきます。同じ本を買ってしまう話はよくありますが、何が入っているか分からない段ボールを開けたら全部漫画本の同じ巻が山のように出てきたことがあったそうです。皆に配ろうと、その時は考えたようです。
「同じ本をなんで二冊買うの?」という問いには「なんで買わないの?」と逆質問。ミステリ研究科の日下三蔵さんは「そこに売っていたからです」と答えていました。


昔の本は皆、旅行したり海など見たことがない人がいたので延々と風景描写がありましたが、ネットで皆が分かる時代になってからは特にストーリー展開が早まるようになったそうです。


|

« 徳川家が見た幕末の怪 | トップページ | 大江戸の飯と酒と女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徳川家が見た幕末の怪 | トップページ | 大江戸の飯と酒と女 »