« 働き方を会社にまかせない | トップページ | 明治維新に不都合な新選組の真実 »

2019/10/15

人は「のど」から老いる「のど」から若返る

 【書 名】人は「のど」から老いる「のど」から若返る
 【著 者】福島 英
 【発行所】講談社
 【発行日】2018/09/20
 【ISBN 】978-4-06-512947-0
 【価 格】1000円


知的生産の技術研究会でお世話になっている福島さんの著者です。代々木駅近くでブレスヴォイストレーニング研究所を開設し、ヴォイストレーニングを行っています。


ノドの構造上、誤嚥するのは人間だけだそうです。ノドにはアダムのリンゴと呼ばれる「のど仏」がありますが、これがあるのは人間だけ。二足歩行することで気道と食道が交差するようになり食べ物が肺にいかないように蓋をする仕組みができあがりました。動物は鼻で呼吸しながら飲食できますが人間はできません。問題は加齢とともに「のど仏」の位置が下がってきます。これが誤嚥となります。ヴォイストレーニングをすることで、この加齢を遅らせることができ、レッスン方法についても書かれています。


|

« 働き方を会社にまかせない | トップページ | 明治維新に不都合な新選組の真実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 働き方を会社にまかせない | トップページ | 明治維新に不都合な新選組の真実 »