« 江戸300藩 改易・転封の不思議と謎 | トップページ | 関ケ原合戦は作り話だったのか »

2019/10/06

世襲の日本史

 【書 名】世襲の日本史
 【著 者】本郷和人
 【発行所】NHK出版新書
 【発行日】2019/09/10
 【ISBN 】978-4-14-088601-4
 【価 格】800円


■公地公民
律令の建前は公地公民でしたが、これを踏みにじったのが院政です。上皇が公然と荘園を皇室のもとに集めます。六勝寺などをトンネル会社にして。この寺が寄進をうける形で実質的には皇室領を増やしていきます。


■貴族
摂関家-5摂家 近衛家、九条家、鷹司家、二条家、一条家
大臣家-内大臣、右大臣、左大臣、太政大臣になれる家
大臣になると名前の下に「公」をつけます。ですので水戸光圀公というのは間違いで正確には水戸光圀卿になります。


|

« 江戸300藩 改易・転封の不思議と謎 | トップページ | 関ケ原合戦は作り話だったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸300藩 改易・転封の不思議と謎 | トップページ | 関ケ原合戦は作り話だったのか »