« 明治維新に不都合な新選組の真実 | トップページ | 読書狂の冒険は終わらない! »

2019/10/20

徳川家が見た幕末の怪

 【書 名】徳川家が見た幕末の怪
 【著 者】徳川 宗英
 【発行所】角川oneテーマ21
 【発行日】2014/06/20
 【ISBN 】978-4-04-101464-6
 【価 格】800円


著者は田安徳川家11代当主です。


■日英交流400周年
幕末には幕府ーフランス、討幕派-イギリスという構造でしたがイギリスはけっこう幕府よりだったようです。1613年、イングランド国王ジェームズ一世から徳川家康に新書が送られ、東インド会社の船が平戸に来航し、家康は英国代表団と面会しています。この時に秀忠が贈った甲冑はロンドン塔に展示されています。400周年にあたる2013年にイギリスで日英交流400周年記念硬貨が400枚、作られました。片面はエリザベス二世の横顔で、もう片面は東インド会社の船を背景にしたジェームズ一世と家康が並んでいました。発行したのは今も続く東インド会社です。


■七卿落ち
八月十八日の政変で7人の公卿が追放され長州へと落ちのびていきます。第一次長州征伐のあと筑前に移っていた公卿の処遇について話し合ったのは沖永良部島から戻ってきた西郷隆盛と長州で公卿を警護していた土佐の脱藩浪士・中岡慎太郎で、薩長同盟の足掛かりとなります。


■寛永寺・輪王寺宮能久親王
江戸無血開城というと西郷隆盛、勝海舟の名前が上がりますが、既に大方の方針は決まっていたようで和宮や天璋院からの嘆願。また徳川慶喜に頼まれ輪王寺宮能久親王が嘆願書を討幕軍の熾仁親王に渡して、お膳立ては整っていました。あくまでも黒子に徹して、表舞台は西郷隆盛、勝海舟にまかせたようです。


■博徒
赤報隊に加わっていたのが清水次郎長と争っていた黒駒勝蔵


徳川慶喜を支えていたのが新門辰五郎。大正2年に徳川慶喜が亡くなった時、辰五郎の末裔である火消衆が揃いの半纏で集まり、組ごとに纏をあげて見送ったそうです。


■日米修好通商条約
関税は輸出が5%、輸入が20%で西欧諸国と同等でした。これで輸出超過となり日本としては儲かっていました。ところが1866(慶応2)年に輸出入とも5%となり輸入超過となってしまいます。原因は長州藩による下関砲撃事件。賠償金を幕府に要請しましたが値引きする代わりに税率変更を申し込んできました。徳川幕府の弱腰外交で不平等条約になったわけではなく、長州のせいだったようです。


|

« 明治維新に不都合な新選組の真実 | トップページ | 読書狂の冒険は終わらない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明治維新に不都合な新選組の真実 | トップページ | 読書狂の冒険は終わらない! »