« 戦略で読み解く日本合戦史 | トップページ | 江戸300藩 改易・転封の不思議と謎 »

2019/10/06

動乱の室町時代と15人の足利将軍

 【書 名】動乱の室町時代と15任の足利将軍
 【著 者】山田 邦明
 【発行所】青春新書
 【発行日】2019/05/15
 【ISBN 】978-4-413-04568-1
 【価 格】1320円


複雑な室町時代ですが地図などの図説がついていて分かりやすく整理されています。足利将軍といいながら最後を京都で迎えなかった将軍も多く、10代義材は阿波、11代義澄は近江、12代義晴は近江の穴太で没しています。


13代義輝は京都で没しましたが三好三人衆に囲まれ刀をふるって奮戦し殺されました。三好三人衆はどうも御所を囲んで強訴する御所巻の予定でしたが混乱のなか偶発的に殺されたのではという説も出ています。


|

« 戦略で読み解く日本合戦史 | トップページ | 江戸300藩 改易・転封の不思議と謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦略で読み解く日本合戦史 | トップページ | 江戸300藩 改易・転封の不思議と謎 »