« 大江戸の飯と酒と女 | トップページ | おかしな本の奮戦記 »

2019/10/31

こんなに面白い!近鉄電車100年

 【書 名】こんなに面白い!近鉄電車100年
 【著 者】寺本光照
 【発行所】交通新聞社新書
 【発行日】2019/10/15
 【ISBN 】978-4-330-01219-3
 【価 格】800円


副題が「その巨大さと複雑な歴史をひもとく」になっています。


名古屋と大阪を結ぶ名阪特急は伊勢中川駅で方向が変わるため乗客自身が座席を回転させていました。1961年に伊勢中川駅を経由しない短絡線が作られスイッチバックがなくなりました。また近鉄特急というと「おしぼり」サービスが有名でした。高安と伊勢中川に蒸しタオルを用意する設備が造られたそうです。


■信貴生駒電鉄
1929(昭和4)年に山下~生駒、枚方市~私市を開業させます。本当は生駒~私市間も結ぶ予定でしたが生駒山地と直後の不況で未完成で終わります。やがて大軌の傘下となります。


信貴山までは高安方面からケーブルで登れますが、かっては登った山上を普通の電車が走り高安山駅~信貴山門駅を結んでいました。電車はケーブルの路線を使って引き揚げられたそうです。ところが電車事故や戦時体制への移行もあって廃止、今度は台車をはずして電車を登山道を下る形で高安工場へ運びました。


|

« 大江戸の飯と酒と女 | トップページ | おかしな本の奮戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大江戸の飯と酒と女 | トップページ | おかしな本の奮戦記 »