« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019/09/27

戦略で読み解く日本合戦史

 【書 名】戦略で読み解く日本合戦史
 【著 者】海上 知明
 【発行所】PHP新書
 【発行日】2019/05/15
 【ISBN 】978-4-569-84306-3
 【価 格】900円


「たとえ愚策でも勝利したと見なされる時は成功策とされる」ということで桶狭間合戦の奇襲などが分析されていますが、タマタマの要素が多く、織田信長自身も二度と同じような戦いはしませんでした。


■京都は守らない
京都は攻めるにやすく守るに難しい土地でした。攻められる時は都落ちするのが一番で平清盛は平治の乱の始めにこれを考えていました。讃岐か筑紫に落ち延び拠点である西国の力を結集して再度、上京すればよいだけです。平家の都落ちも同様で生田から塩屋へつながる膨大な要害を作り上げ制海権もおさえていました。そこへ義経が鵯越で攻めてくるのが一ノ谷合戦ですが、実際は後白河法皇による騙し討ち。和平を勧告し、平家には武装解除して源平に戦争しないように申し伝えていました。そこへ義経が攻め込んできたので、完全な騙し討ちだったというのが実態のようです。


楠木正成も同様の考えで足利尊氏が攻め上ってくる時に後醍醐天皇と新田義貞を比叡山に移して平安京を開けてしまう案です。楠木正成は河内に戻り、叡山と淀川で物流を止めて足利尊氏側の勢力が落ちた時に挟撃する案です。これを潰したのが後醍醐天皇側近で聖戦論を主張した坊門清忠でした。


■金ケ崎城の退き口
朝倉攻めの最中に浅井の寝返りが分かった時に信長がとった行動は少人数で逃げるということです。生き残れば大軍を再編できると考えていました。後に秀吉が話した逸話が残っています。信長の5000人の兵と蒲生氏郷の1万人の兵が戦ったらどうなるという問いに。秀吉の答えは信長で信長軍から4900の首級があがっても、そこに信長の首はなく蒲生軍から5つの首級があがったら、そこに勇猛果敢な蒲生氏郷の首が入っているというオチでした。


■兵農分離
信長の専売特許のように言われていますが、どこの戦国武将も行っていて農繁期にも戦をしていました。ただし農村の余剰人員でしたので差はありました。信玄の場合、1万石あたりで400数十人。北条は700人、長曾我部は1000人でした。これを徹底していたのが信長で桶狭間合戦の後も尾張を統一するまで親族などとの争いに疲れていました。武士を拠り所の土地と切り離すことを真剣に考え、給与システムにしていきます。もともとの土地を離れ城下に住みますので人が増え経済が活性化します。商業育成が運上を生み出し、新たな兵を雇うことができます。


■石山本願寺
信長公記によると「方八町のかまえ」とあり寺内町六町が巡っていました。敷地は770m×550mで現在の大阪城の約88%。51もの子城があり巨大城郭です。


■信玄の信長評価
信長はいったん包囲した城を解いて撤兵したり、国境付近の小城の落城は意に介さず、退却なども平気で行い、その反対に重要な合戦では大兵を集めて確実に勝利し領国を広めてゆく方策をとっている。信玄は自重気味で、動きが遅い自分の欠点もよく認識していたようです。


■楠木正成の四天王寺の戦い
宇都宮公綱軍が楠木正成が立て籠もる四天王寺に軍をすすめると、そこはもぬけの殻。それから4~5日後、四天王寺を遠巻きにして、沿岸沿いに紀伊に至るまで野伏に篝火をたかせました。とてつもない大軍がいると見せかけるためです。これが三夜続き、だんだん包囲網が狭まってきます。宇都宮公綱は一戦しようと考えていましたが、戦闘ははじまらず、ついに心理戦に敗れ四天王寺から撤退していきました。


| | コメント (0)

2019/09/25

座右の銘はない

 【書 名】座右の銘はない
 【著 者】石毛直道
 【発行所】日本経済新聞出版社
 【発行日】2019/07/12
 【ISBN 】978-4-532-17669-3
 【価 格】1800円


国立民族学博物館・3代目館長で食文化のパイオニアでもある石毛直道氏の自叙伝で副題は「あそび人学者の自叙伝」になっています。考古学えを志していましたが梅棹研究室に入りフィールドワークの世界へ。リビア砂漠の調査ではトリポリで買っておいた干ダラをうまくもどし、オアシスで手に入れた鶏をつぶして肝とササミを薄く切って出したら梅棹先生から「石毛は砂漠で刺身を作りよる」と後々まで言われたそうです。


世界中でいろいろなモノを食べてきましたが猿だけは食べなかったそうです。中国でチャンスがありましたが入らなかったそうで、京大には霊長類研究所があり知り合いも多く猿を一匹ではなく一人とか数えている連中に知られると仲間はずれにされることが必須だったからです。


■太陽の塔
大阪万博跡地に今も建つ太陽の塔。メイン会場(おまつり広場)の屋根を突っ切って築かれました。石原慎太郎の「太陽の季節」がブームで性器で障子を突き破るシーンがあることを小松左京氏が指摘したことから命名されました。


■民博の昇進ルール
梅棹先生が作ったそうで民博が発行した冊子などへの研究者ごとの寄稿ページ数を研究者への研究費支給額で割ったもので名前は入っていませんでしたが一目瞭然でした。民博設立前の構想では国立民族学研究博物館でしたが万博公園を所轄していた建設省から「法律で公園内に陳列施設はできるが研究施設はダメ」と言われてしまいました。そこで文部省と調整してなんとか学は入れて国立民族学博物館となりました。


■1959年、京大探検部の模擬店「魚骨亭」
部の財政貢献のために学園祭に一杯飲み屋を出店。献立は原価がほぼタダの、蛇の蒲焼、カエルのつけ焼き、ザリガニのフライ、大麦を煎って粉にしたツアンバ(チベットに主食)、松の葉をぬるま湯に一日漬けこみアルコールと砂糖を添加した松葉ビールを販売。客は一杯でかなりの売上になりました。


| | コメント (0)

2019/09/21

お客様を選ぶならお客様から選ばれる癒やしサロン美容サロンの成功バイブル

 【書 名】お客様を選ぶならお客様から選ばれる癒やしサロン美容サロンの成功バイブル
 【著 者】嶋えりか
 【発行所】BABジャパン
 【発行日】2019/09/10
 【ISBN 】978-4-8142-0228-7
 【価 格】1500円


中小企業診断士仲間の嶋さんが出した本でサロン向けになっていますが、他の業界にも活用できるマーケティングが学べる一冊となります。


階段モデルがあり、お客さんを潜在客→見込客→新規客→固定客→ファン客へと育てていきます。


■初回に次回予約をとる
次回予約をとらないサロンが多いのですが、お客さんはすぐに忘れるので次回予約をとります。ただし「次回はいつにしましょう」というオープン・クエスチョンはダメで「2週間後の今日と同じ土曜日ではいかがですか」というクローズド・クエスチョンで2回目の予約をとります。


■来客2回目が勝負
2回目に来てくれたお客さんを3回目に来させるのが至難の業です。カウンセリングを実施し前回来た時に言えなかったことを引き出さなければなりません。お客さんが「私の話を聞いてくれた」と納得させることで固定客にしていきます。


| | コメント (0)

カラー版でますますわかった!地形と地理で解決!!古代史の秘密55

 【書 名】カラー版でますますわかった!地形と地理で解決!!古代史の秘密55
 【著 者】千田 稔
 【発行所】洋泉社
 【発行日】2019/09/09
 【ISBN 】978-4-8003-1717-9
 【価 格】1180円


「なぜ地形と地理がわかると古代史がこんなに面白くなるのか」をカラー版に改訂した一冊です。


■親魏倭王
山東地方に勢力をはっていたのが公孫氏で、魏に服属はしていましたが呉とも結びつく半独立集団でした。倭はこの公孫氏と交流していましたが、魏が反抗的な公孫氏を滅ぼしてしまいます。呉への対抗から邪馬台国と魏が結び付き、卑弥呼に親魏倭王という称号を贈りますが、他に贈られたのは西の大国「親魏大月氏王」だけでした。


■日本最古の殺人事件
愛媛県の上黒岩岩陰遺跡から見つかった女性の人骨。槍が刺さった痕があり、戦いに巻き込まれたとみられていましたが宗教的儀式で殺されたようです。


■多賀城碑
靺鞨(まっかっ)国(後の渤海)の記載や改修についていて書かれていたことが発掘で明らかになり本物である可能性が極めて高くなりました。


■お遍路
四国八十八か所巡りの歴史は古く文明三年(1471年)の文章に記載されているので、この頃には確立されていたようです。


■福原
平清盛は福原遷都を行いますが京都は攻めやすく守りにくい土地でした。福原は南の瀬戸内海と北の六甲山脈で守られ、東の生田の森と西の一乗谷をしっかり守れば天然の要塞となりました。


| | コメント (0)

2019/09/12

織田信忠

 【書 名】織田信忠
 【著 者】和田 裕弘
 【発行所】中公新書
 【発行日】2019/08/25
 【ISBN 】978-4-12-102555-5
 【価 格】1500円


本能寺の変で26年の生涯をとじたため、よく分かっていない織田信忠についての一冊です。織田信長は正室である濃姫の養子として育てられため齋藤道三ゆかりのものとなります。岐阜を信長が征服してから8年目に織田信忠が岐阜城主になります。信忠の通称は菅九郎で齋藤道三に由来する西村菅九郎からとったようです。濃姫は78歳の長寿だたっという説があり、大徳寺総見院に墓所が伝わっています。


本能寺の変の時に大変だったのが家康の神君伊賀越えですが、実際は堺から竹内峠を通って大和に入り、特に越智城主には世話になったと記録されていますので、かなり南のコースを通った可能性があります。


本能寺の変で信長達は下々の喧嘩と思っていましたが、攻めてきたのが軍隊だったので信忠、信雄の謀反とも考え明智光秀は想定外だったようです。明智光秀も信長は狙っていますが、突発的だったので信忠は対象外でした。結果論からいえば信忠は逃げるチャンスがありましたが、反対に信忠にとって、こんな大規模なことをする限りは、とても逃げ切れないと考え二条城で戦いました。


信忠の一字拝領では忠の字を与えていました。細川忠興がそうでしょう。信長、信忠親子に恩義がある細川忠興は明智光秀の誘いにのらなかったのは当然でした。忠興の名字は長岡でガラシャが生きている間は細川ではなかったため、正確には細川ガラシャではなく長岡ガラシャでした。もう一人、団忠正も一字拝領のようです。


織田信忠が武田勝頼を滅ぼした時、北陸には信長が討死した、毛利の中国には信忠が討死したというデマが流れていたそうです。本能寺の変の一報が入っても、どれだけ信じられるかは、なかなか分からなかったようです。


| | コメント (0)

2019/09/01

会社を辞めずに“好き"“得意"で稼ぐ! 複業のはじめ方

 【書 名】複業のはじめ方
 【著 者】藤木 俊明
 【発行所】同文館出版
 【発行日】2019/08/08
 【ISBN 】978-4-495-54042-5
 【価 格】1,500円

副業ではなく複業というタイトルがついている点がミソ。会社が一生面倒をみてくれる良き時代は終わり、自分中心の生活設計を考えなければなりません。従業員としてはエンプロイアビリティ(雇用され得る能力)を持つことも重要です。そのためには外からいろいろな刺激をうけたり、会社では出会えない人との交流が重要になります。そこで会社に勤めて生活の安定を確保しながら静かな複業をはじめるための入門書になっています。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »